最初は良いと思って通い始めた病院でも、治療を進めていくにつれ合わないと感じることも出てきます。

モヤモヤしている気持ちのまま治療を進めても良い結果が出ないと思うので、そのような場合は思い切って転院を考えましょう。

治療方針は医師によって様々ですし、何よりも相性があります。

相性の良くない医師の診察は逆にストレスが溜まる一方ですので体に悪影響を及ぼします。

不妊治療は精神面がかなり肝心な要素。

最初の病院で思うような結果がでなかった人でも、転院したら妊娠できたという人は多くいるようです。

スポンサーリンク


転院をすると決めたら

転院 不妊治療

転院をしようと決めたら、まずは今までの医師に転院する旨を伝えましょう。

はっきりと「先生との考えが合わない」「治療方針に納得がいかない」と言ってしまうと角が立ちますし、医師も「あなたのためにと思ったことなのに」と良い思いがしません。

「他の病院でも受けてみたい」と言ってもいいですが、もし言いにくければ「通いやすい自宅の近くの病院にしようと思ってる」「職場の近くの方が通いやすいので」などの理由にしてもいいかと思います。

そして、転院する際は紹介状を必ずもらいましょう。

これまで通っていた病院にはあなたがこれまで治療してきたデータや検査結果などが残されています。

医師は紹介状と一緒にこれまでのデータや検査結果なども入れてくれるので、転院先でまた同じ検査を一からやり直しなんてこともなくなりますし、治療歴がわかる方が今後の治療方針を決めやすいですよね。

このようなことから、転院する際は何も言わずに勝手に行かなくなることはしないで、紹介状やこれまでのデータをしっかりと受け取ってから転院しましょう。

ただ、結果が出ないからといって、通い始めてまだあまり経っていないのにすぐに転院を考えるのはよくありません。

不妊治療で結果を出すのは時間がかかるものです。最低でも半年は通ってみて様子をみましょう。

 

転院経験

<NPO法人Fineアンケートより>

上の表のように、不妊治療の転院経験がある人は6割以上いることがわかります。

転院は珍しいことはではないので、転院したいと医師に告げてもさほど驚くことではありません。

私も1度転院しました

転院

実際に私も1度転院しています。

転院の理由は、1年ほど治療をしてもなかなか妊娠せず治療方法に疑問を持ってしまったからです。

しかもその病院は日曜・祝日が休日の婦人科クリニックでした。

自宅から近く通いやすいのが理由で選んだのですが、日曜・祝日が休みというのはかなり不便を感じていました。

当時人工授精までステップアップしていたのですが、人工授精はできるだけ排卵に近い時期に行わなければいけません。

1度、人工授精のベストな日が日曜・月曜の祝日にあたってしまったので、その前日の土曜日に行ったのですが、結果は妊娠せず・・・

人工授精を行った時期だけの問題ではなかったのかしれませんが、私の中では「もし日曜や月曜にしていたら・・・」という思いがどうしても拭いされませんでした。

優しくとても良い先生だったのですが、その件があって不妊治療を専門に扱っている病院への転院を決めました。

その時は「不妊治療専門の病院で治療を試してみたいです」と正直に伝えたのを覚えています。

先生は「わかりました、もちろんいいですよ。結果を出すことができずに申し訳なかったですね」と言って頂き、なんかこっちまで申し訳ない気持ちになってしまいました。

すぐに紹介状とこれまでの検査結果を用意してくれ、無事に転院することができたわけです。

今まで通っていた病院を変えるのは、なかなか勇気がいることかもしれません。

でも疑問を持ったまま治療を行っていてもそれがストレスとなり、逆に妊娠を遠ざけてしまうこともありえるので、思い切って転院するのも1つの方法です。

勇気を出してセカンドオピニオンを受けるのもOK

セカンドオピニオン

誰にだって合う合わないがあります。他の人には合う病院かもしれませんが「自分に合わないかも・・・転院しようか迷っちゃう」と感じたら、悩んでないでセカンドオピニオンを受けるのもありです。

転院するかはまだ決められないけど、一度他の医師の意見も聞きたいという人にはおすすめです。
セカンドオピニオンとは・・・患者さんが納得のいく治療法を選択することができるように、治療の進行状況、次の段階の治療選択などについて、現在診療を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医師に「第2の意見」を求めることです。
つまり転院ではないけれど、「この治療方針でいいんだろうか?」「自分の考えと違う」と疑問に感じたら、他院の別の医師の意見を聞いてみるというものです。

今までの担当医には、セカンドオピニオンを受けたいということを正直に話し、紹介状を出してもらいましょう。これまでの治療経緯がわかった方がセカンドオピニオンを受ける医師もアドバイスしやすいです。

患者の転院やセカンドオピニオンなどは医師にとってはよくあることなのでいちいち何も思わないです。

セカンドオピニオンの結果、「やっぱり今までの方法でいいんだ」と納得できれば、これまで通っていた病院で治療を続けていけばいいんです。

逆にセカンドオピニオンにより、これまでの治療方法や考えに納得できなかったら転院を考えましょう。

しかし、中には転院やセカンドオピニオンという言葉を言った途端に態度を変える医師もいるようなので、その時は迷わず転院しましょう。(紹介状とこれまでのデータをもらうのは忘れずに!)

患者のことを一番に考え、信頼できる医師を見つけることが不妊治療を行っていくうえではとても大切なことです。

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク