赤ちゃんを授かった喜びも束の間、流産や死産により失ってしまうのはとても辛く悲しいことです。

そして、その流産を繰り返してしまう「不育症」についても、まだまだ知らない人が多いのではないでしょうか?

ここでは不育症の原因や治療法、子宮外妊娠や着床前診断についてご紹介していきます。

 

不育症(習慣流産・反復流産)

流産の種類

 

子宮外妊娠(異所性妊娠)

着床前診断について

 

流産は全妊婦の約15%に起こると言われており、決して珍しいものではありません。

しかし、流産や死産を経験した人にとっては、とても悲しく辛いものです。

「次の妊娠も流産したら・・・」と恐れてしまう人も少なくありません。

流産の多くは胎児の染色体異常によるものが多く、それは偶発的に起こってしまうことなので、防ぎようがなく流産を止めることもできないんです。

しかし、中には染色体異常でも夫婦のどちらかの遺伝により起こってしまうものがあり、この場合は流産を繰り返しまう可能性が高くなります。

もし、流産を2回、3回と繰り返してしまうのであれば、何らかの異常があるかもしれませんので、不育症の検査を受けることです。

不育症の原因はいくつかあり、原因を見つけて治療を受けることで妊娠できた人も多くいます。

流産や死産を繰り返すことの不安感はなかなか拭えないと思いますので一人で悩んでいないで専門医に相談してみましょう。

最近では不育症専門病院や専門外来も多くなってきて不育症の治療を受けやすくなっています。

少しでも早く不育症を治療して妊娠が継続できるようにするためも不育症に関しての知識を正しく知って理解することが必要です。