着床前診断  費用 産み分け
最近注目されている着床前診断。

着床前診断は不育症や習慣流産を繰り返すご夫婦にとって、希望となる最新医療技術となります。

着床前診断とはいったいどのようなものなのでしょうか?

費用、産み分けはできるのか?出生前診断との違いについてなどを詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク


着床前診断とは?

着床前診断
着床前診断とは、受精卵が子宮に着床して妊娠が成立する前に受精卵の染色体や遺伝子に異常がないかを調べる医療技術のことで受精卵診断とも呼ばれています。

そして不妊症でずっと妊娠できなかった人や不育症や習慣流産で苦しんできた人たちの希望となる最新医療技術となります。

着床前診断では、染色体異常のある受精卵や流産の確率の高い受精卵かどうかを着床する前に調べることができるので、流産の可能性を減らすことや体外受精の妊娠率を上げることが可能となります。

妊娠前が成立する前に受精卵に異常があるかどうかを調べることができるため、胎児の致死的となる疾患を発見できたり、流産後の女性の体や精神的負担を減少させるという目的で行われる技術です。

なりよりも着床前診断を行うことで流産のリスクが避けられるため、母体の負担を軽減し、妊娠後の出生前診断の結果により、産むか産まないかの選択をしなくてもすむというメリットがあります。

全国には着床前診断が受けられる病院がいくつかありますが、産科婦人科学会から承認されている病院だと適応条件が必要となり、誰でも受けられるわけではありません。

 

 着床前診断は不育症、習慣流産を繰り返している人の希望となる医療技術

着床前診断 希望
今まで流産や死産を繰り返してきた人は少なくなく、流産・死産をした悲しみは計り知れないものがあります。

しかも不育症や習慣流産の場合はそれが1度ではなく2度3度と繰り返されるわけです。

流産や死産の原因のほとんどは胎児の染色体異常によるものとされています。

染色体異常は女性の年齢が高いほど起こる可能性が高いと言われていますが、年齢問わず誰にでも偶発的に起こるもので自然淘汰の1つとなります。

しかし、不育症や習慣流産で悩んでいる人の中には夫婦のどちらかに「転座型染色体」を持っている人がいて、その場合は胎児の染色体異常の発生率が高くなり、流産を繰り返しやすくなります。

着床前診断は、受精卵の染色体異常の有無を調べたうえで胎児として発育できる受精卵を子宮の中に戻すことが可能となり、まさに不育症や習慣流産で悩んでいる夫婦にとって希望となる最新医療技術なんです。

着床前診断の費用は?

着床前診断 費用
着床前診断の費用は高額となり、一般的にはだいたい5o万円~80万円かかると言われています。

この金額は産婦人科学会から承認を得ている病院での目安の金額となり、日本産婦人科学会の承認を得ずに着床前診断を行っている病院の場合はさらに高額で、総額約100万円ほどとも言われています。

また、着床前診断の検査は体外受精することが前提となります。

そのため、体外受精や排卵誘発剤などの費用も別にかかってきます。

病院によって体外受精の費用は違いますが、着床前診断の費用に加え50~80万くらいは別にかかると考えておいたほうがいいでしょう。

かなりの高額となりますが、高額な費用をかけて着床前診断をおこなったとしても100%成功が保証されるものではありません。

着床前診断で産み分けはできる?

着床前診断 産み分け
着床前診断は検査の過程で性染色体の判定することができるため産み分けをすることは不可能ではありませんが、着床前診断による産み分けは命を選択することとなるため、日本では日本産科婦人科学会により禁止されています。

しかし、アメリカなど海外では産み分けの規制が行われていない国もあり、どうしても着床前診断で産み分けをしたい人は渡航して産み分けを行う人もいるようです。

しかし、渡航して着床前診断をするためにはいくつかの問題点もあることを知っておきましょう。

 
■渡航して着床前診断をする問題点
  •  診断費用に加え、渡航費や滞在費などもかかるため高額となる(約400~500万)
  • 1週間以上の滞在になることもある
  • 渡航先で正常な受精卵が必ずとれる保証はない
  • 英語が話せない人は言葉の問題がある
 

海外での着床前診断は日本で行うことに比べてたくさんの問題点がありますので、これらのことをよく理解した上で夫婦でよく話し合って決めることが大切です。

 着床前診断と出生前診断の違いは?

着床前診断 出生前診断
「出生前診断」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

出生前診断とは妊娠中に行われる検査で、胎児に遺伝病や染色体異常がないかを確定診断するための検査となり、着床前診断との大きな違いは妊娠前に行うか、妊娠後に行うかということです。

出生前診断の多くは羊水検査が行われます。

羊水検査は妊娠15週~18週の間に行う検査で、母体のお腹の中の羊水に針を刺して吸引し、その中に含まれる胎児の細胞の遺伝情報を検査します。

しかし羊水検査は全体の1%くらいの確率で流産を引き起こしてしまうというリスクもあります。

最近では、羊水検査以外にも血液を採取しただけで胎児の染色体異常や遺伝情報を知ることができ、少し高額になりますが流産するかもしれないというリスクは避けられるため、多くの人が行っています。

しかし、もし出生前診断をして良くない結果が出てしまった時に、夫婦はお腹の中の赤ちゃんを産むか産まないかの選択に迫られ、多くの夫婦が中絶を選択してしまいます。

それに対し様々な意見があるのも事実です。

出生前診断に比べ、着床前診断は妊娠が成立する前の受精卵の時点で染色体異常の有無などを調べる方法なので、出生前診断のように産むべきか、それとも中絶するべきかという苦渋の選択を迫られることはありませんし、羊水検査のように流産するかもしれないというリスクもありません。

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク