子宮外妊娠とは?
子宮外妊娠はどの女性にも起こりえるもので、その名の通り子宮の外で着床(妊娠)してしまうことを言います。

どのような場所で着床してしまうのでしょうか?また、原因や自覚症状、痛みや出血の程度など、多くの人が気になる疑問をご紹介していますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク


子宮外妊娠とは?

子宮外妊娠
子宮外妊娠とは通常の妊娠とは違い、受精卵が子宮以外の場所に着床してしまうことを言います。

子宮外妊娠は全妊娠の1~2%くらいに起こり、妊娠初期に起こる異常妊娠の代表的なものになります。

通常妊娠の場合、子宮内膜の上に着床した受精卵は根を張り、母体から栄養を吸収できるようになります。

しかし、子宮外妊娠は子宮内膜以外に根を張ってしまうため、赤ちゃんが成長することができません。

そして受精卵の移動の過程のどこにでもおこります。

一番多く、よく知られているのが卵管内に着床してしまうことです。

卵管内に着床する卵管妊娠は子宮外妊娠全体の98%の割合で起こります。

それ以外にも卵巣妊娠や子宮頚管妊娠、腹腔妊娠などがあります。

子宮以外の場所での妊娠はどこであっても子宮外妊娠となります。

子宮外妊娠は、最近では「異所性妊娠」とも呼ばれています。

子宮外妊娠

子宮外妊娠の原因は?

子宮外妊娠 原因

☆卵管内・卵管周囲癒着によるもの

通常、受精卵は卵管を通って子宮に向かいますが、卵管内または卵管の周囲で癒着を起こしていると受精卵が卵管内でとどまってしまい、その場で着床してしまいます。

卵管内や卵管周囲癒着が起こる原因としては、クラミジア感染症、子宮内膜症にかかっていたり、また卵管や卵巣の手術などが原因で炎症を起こし癒着を引き起こしたと考えられます。

☆受精卵の移動時によるもの

通常、受精卵が卵巣から飛び出した後は卵管采によって卵管内に取り込まれます。

しかし、何らかの影響で受精卵が卵管内に取り込まれずに卵巣の外側や腹腔内に移動してその場で着床してしまうことがあります。

☆子宮内の環境によるもの

今までに中絶手術をした経験があったり、子宮内に不妊具を装着したことがある場合、それらが影響して子宮内の環境が変わってしまい子宮以外の場所で着床してしまうことがあります。

 

また、中には遺伝性によるものとも言われていますが、子宮外妊娠は遺伝性のものではありませんので「親が子宮外妊娠になったことがあるから自分もなるのでは・・・」と不安に感じる必要はありません。

子宮外妊娠はいつ診断される?

子宮外妊娠 いつ診断?
正常な妊娠か子宮外妊娠かは妊娠6週くらいになるとわかります。

通常、妊娠5週~6週目くらいになると赤ちゃんを包んでいる「胎嚢」が子宮の中に見られます。

もし、妊娠6週を過ぎても子宮内に胎嚢が見られないのであれば子宮外妊娠の可能性が高くなります。

しかし、排卵日がいつもより遅れてきた場合などは妊娠6週を過ぎてもまだ胎嚢が見られないこともあるので、胎嚢が確認されるまで定期的に診てもらいましょう。

血中hCG値なども調べ、それでも胎嚢が見られない場合は子宮外妊娠と診断されます。

子宮外妊娠は気づきにくい?自覚症状や兆候は?

子宮外妊娠 症状
子宮外妊娠は最初のうちは自覚症状がなく、気づきにくいのが特徴です。

しかも正常の妊娠と同じ症状が出るため、始めは誰もが子宮外妊娠を疑いません。

妊娠検査薬で調べると陽性反応がでますし、つわりや胸が張るなどの妊娠初期症状も現れます。

しかし、中には下腹部に不快感があったり少量の出血があり「あれ?」と感じる人もいるようです。

少しでもおかしいな、と感じたら早めに病院を受診することが大切です。

また、子宮外妊娠の出血を生理と間違える人もいます。

基礎体温を毎日つけていると、妊娠したことにも気づくことができますし、妊娠しているのに出血していることにも気づくため、生理と勘違いすることもなく子宮外妊娠を早く見つけやすいです。

そのようなこともあるので、毎日基礎体温をつけて体の状態を知っておくことも大切です。

子宮外妊娠は命の危険を伴います

子宮外妊娠 命の危険
正常妊娠だと思って病院へ行ったら、突然「子宮外妊娠かもしれない」と言われた時のショックは計り知れません。

しかし、病院で早期に発見できたことは不幸中の幸いだったと思った方がいいかもしれません。

なぜなら子宮外妊娠は、気づかずに放っておくと母体の命の危険にさらされるとても危険な症状だからです。

受精卵が卵管など狭い場所で着床してしまうと、卵管の細さに耐え切れなくなり流産してしまいます。

卵管内で流産が起こると出血が腹腔内に溜まり、下腹部痛が現れます。

また、子宮外妊娠に気づかず放置していると、卵はどんどん成長していくため細い卵管が破裂します。

卵管が破裂した場合は大出血が起こり、救急車を呼ぶほどの激痛に襲われます。

この場合は緊急の手術が必要で、時には命に関わることもあります。

 子宮外妊娠の痛みや出血はいつ現れる?

子宮外妊娠 痛み 出血

子宮外妊娠は妊娠検査薬で陽性反応を示しますし、妊娠初期症状も出るため通常の妊娠と疑わずに過ごすケースがほとんどです。

しかし妊娠数週が進み、受精卵が育ってくると出血や下腹部痛が現れ始めます。

子宮外妊娠の場合は、6週目ぐらいから症状が現れ始め、出血や痛みが見られるようになります。

最初は少量の出血や軽い痛みだけですが、数週が進むにつれて出血量が増えて痛みが増してきます。

この時点でおかしいと感じ、すぐ病院を受診し子宮外妊娠とわかれば、すぐに手術を行います。

しかし、病院を受診せずにこのまま放置してしまうと妊娠7~8週目くらいに卵管破裂などを引き起こし、多量の出血と激痛が襲われます。

卵管破裂を起こした場合は多量出血により貧血状態になったり、出血性ショック状態になり命にかかわるほど重症化する危険性もあります。

このようなことを起こさないためにも、妊娠検査薬で妊娠反応が出たら病院へ受診し、超音波検査で子宮の中に胎嚢が確認されるまでは気を抜かないようにしましょう。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク