夫婦のこと不妊治療をするにあたり、様々な問題と直面することも多いはず。

夫婦の問題、そして不妊治療を長く続けている方はいつまで続けるべきなのかという疑問も出てくるのではないでしょうか。

みなさん、様々な問題に悩みながら不妊治療を行っているのが現状です。

ここではそんなみなさんのお悩みのヒントとなる方法やお話をしていきたいと思います。

妊活や不妊治療に関しての役立つ情報やコラムなどもご紹介していきますね。

 

不妊を夫婦で乗り越えるために

 
人はみんな考えが違うものですので、夫婦の間でも考えや意見が違ってくるのは当然のことです。

特に”不妊”や”不妊治療”のことに関しては、かなりデリケートな問題だけに女性が考えるよりも男性の方がずっと消極的な場合も多くあります。

また女性の方が年齢にも制限があるため「赤ちゃんが欲しい」という思いが強い傾向があります。

夫も同じ気持ちであれば、問題なく不妊治療に取り組めるのですが夫が不妊治療に消極的だと、そこで夫婦の衝突が起きてしまうんですね。

しかし、ここで相手を責めてしまうと、男性はますます非協力的になってしまいますので注意が必要です。

”不妊”に関する話はこれからの二人にとってとても大切なことですので心を落ち着かせて、よく話し合うことが大切です。

1回で納得してもらおうとせずに、何度か話し合いを重ねていくことで相手の気持ちが変わってくることも多くありますので、冷静になってお互いの意見を尊重し合いましょう。

 

 

治療のやめ時を考えている方へ

 

多くの人が「不妊治療を行えば妊娠できる」という考えがあるのではないでしょうか?

しかし不妊治療を行っても、残念ながら妊娠に至らない夫婦もいるのも現実です。
不妊治療は期間が長くなればなるほど、ストレスは大きなものになっていきます。

精神的な不安や焦り、周りからのプレッシャー、そして身体的負担や経済的負担まで、これでもかという程のストレスが加わってきます。

このストレスから解消したいがためについつい自暴自棄になってすべてを投げ出したくなる時もあるかもしれません。

ストレスは不妊に大きく関係していますので、たまには治療から解放されて、ゆっくりと気持ちや体を休めることも必要なのかもしれません。

不妊治療をやめる、あるいはお休みしようかと思ったのであれば夫婦でよく話し合って、お互い納得した上で決断しましょう。