不妊の検査

400_F_39532841_5m8g2frKwxeaql22lHQIKXJ2fcNw9Fg5検査で不妊原因を調べましょう。
不妊の検査には基本で行う検査とさらに詳しく調べたい時に行う
検査があります。

不妊検査はどのようなスケジュールで行われていくのか。
また、どのような検査があるのかをご紹介しています。

 

不妊検査のすすめ方

 

不妊の基本検査
 
 

さらに詳しい不妊検査
 
 
不妊検査は1度に全て行えるものではなく、すべての検査が終了するまでに
2ヶ月~3ヶ月かかります。
 
初診検査では問診や内診、超音波検査や血液検査などを行うことができます。
そして2回目以降では月経周期に合わせた検査を行っていきます。

不妊原因があれば、検査を行うことで発見することができるため
不妊治療を行う上で検査をすることは必須となります。

まずは一通りの基本検査を行い、血液検査や超音波検査によって
卵巣や子宮に異常がないかどうかを診ていきます。

必要があれば腹腔鏡検査や抗精子抗体検査などのさらに詳しい検査をし、
原因を探っていきます。

不妊検査は月経周期によって行われるため、一度検査のタイミングを
逃してしまうと、次の周期まで延長されてしまい原因がわかるまで
時間がかかる場合もあるので、検査をする時期やタイミングは
医師と相談して決めていきましょう。

なるべく早い段階に不妊検査を行うことで不妊原因を知り、その原因を取り除く
治療を行うことができるため、結果的に早く妊娠できる可能性を高めます。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ