原因不明不妊
不妊検査を行っても何も問題がないのに、なぜが妊娠できない・・・

そのようなこと原因不明不妊と呼びます。

では原因不明不妊の原因とは?そしてピックアップ障害とはどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク


原因不明不妊(機能性不妊)とは?

原因不明不妊 
不妊検査をしても不妊の原因が見つからない場合を原因不明不妊と言い機能性不妊とも呼ばれることもあります。

原因不明不妊は不妊原因の中でも10~20%の割合を占めています。

単純に原因がわからない場合と原因がわかりにくい場合とがあるのですが、病院によって検査する内容が違います。

原因不明不妊の考えられる原因は?

原因不明不妊 原因
原因不明不妊の原因でなないかと思われる症状には次のようなものがあります。

reten05-008卵管のピックアップ障害
reten05-008卵子の質がよくない
reten05-008受精障害
reten05-008軽い子宮内膜症
reten05-008軽い腹腔内癒着
reten05-008精子の機能障害
reten05-008免疫の異常
reten05-008内分泌の異常
reten05-008年齢

このような症状は一般検査ではなかなか発見しずらく、精密検査をすることで原因がわかることが多いです。

多くの場合は、原因不明不妊ではなくて、検査をすることで原因が判明することがほとんどです。

しかし、検査を行っても不妊原因がわからない人が全体の1.7%ほどいて、その原因の多くは年齢によるものとも言われています。

ピックアップ障害とは?

ピックアップ障害
原因不明不妊の中の多くは卵管のピックアップ障害ではないかとされています。

通常、卵巣から飛び出した卵子は卵管采にキャッチされて卵管の中に運び込まれ、卵管の中で卵子と精子が出会い受精できます。

しかし、ピックアップ障害になると卵巣から飛び出した卵子を卵管がうまく取り込めないため、受精のプロセスが行えなくなります。

ピックアップ障害

ピックアップ障害の原因が卵管采周辺の癒着だったりする場合は腹腔鏡検査をすることで確認でき、その際に剥がす処置を行うことも可能です。

卵巣や卵管に癒着を起こしてしまう原因としてはクラミジア感染症などによる炎症が原因と言われています。

しかし、腹腔鏡検査をしてもピックアップ障害かどうかわからないこともあります。

原因がピックアップ障害ならばタイミング法や人工授精では妊娠に至らないため、体外受精を行うことが一番の近道になります。

特に35歳以上の女性になると、どんどん妊娠しにくくなってしまうため、なるべく急いで治療方針を決めて治療を進めていく必要があります。

精密検査をすることで不妊原因がわかる?

原因不明不妊 精密検査

原因不明不妊と思われても、精密検査を行うことで原因が判明することはよくあります。

例えば、卵管造影検査は卵管の通りを調べる検査で、軽い詰まりがある場合は造影剤を流すことで詰まりが解消されるケースもあります。

また、腹腔鏡検査をすると何らかの原因が見るかることが多いため、腹腔鏡検査をすれば原因不明不妊ではなくなる可能性も高くなります。

腹腔鏡検査は全身麻酔をした後、おへその下辺りに5mm~10mmぐらいの小さな穴を開け、そこから腹腔内に腹腔鏡という小さなカメラを挿入し、子宮や卵管、卵巣の状態を観察する検査です。

例えば、これまで原因不明と思われていたのに腹腔鏡検査を行ったら癒着や子宮内膜症が見つかったというケースはよくあるようです。

検査の途中で軽い癒着などが見つかれば、その場で電気メスなどを使用して癒着部分を剥がすことも可能です。

腹腔鏡検査で癒着剥離を行った場合、1年以内に50~60%の人が妊娠できたというデータも出ています。

しかし、最近では原因不明とわかれば体外受精を行う夫婦が増えたため、腹腔鏡検査も以前よりあまり行われなくなりました。

体外受精はほとんどの不妊原因に対してとても有効な治療法です。

腹腔鏡検査は全身麻酔を行ったり、入院が必要だったりするため「わざわざ腹腔鏡検査をして原因を調べなくても体外受精をしてしまえば良い」という考えが増えてきているということからです。

このように不妊原因をつきとめなくなったせいか、最近では以前に比べ原因不明不妊になる人が増加しています。

 原因不明不妊で自然妊娠は可能?

原因不明不妊 自然妊娠
原因不明不妊でも自然妊娠することは可能です。

避妊していない夫婦の一周期あたりの妊娠率が約20%に対して、原因不明不妊のある夫婦の一周期あたりの妊娠率は約5%程度と可能性はかなり低くはなりますが、自然妊娠できている人はいます。

原因不明不妊の場合でも精密検査をすることで不妊原因がわかることも多く、治療をすることで自然妊娠できる可能性が高くなります。

自然妊娠を希望しているのでしたら、まずは精密検査をして原因を調べることが大切です。

原因不明不妊の女性に腹腔鏡検査を行ったところ約80%の人に癒着や子宮内膜症が見られ、その場で癒着部分を剥がす治療をしたところ、1年以内に50%以上の人が自然妊娠できたという報告もあります。

しかし、原因が判明して治療を行ってもなかなか妊娠に至らないケースも珍しくありません。

その場合、体外受精を行うことが一番有効とされています。

自然妊娠を希望している夫婦にとって体外受精での治療には抵抗があるかもしれません。

原因不明の場合は、原因がはっきりとわからないだけに「もしかしたら自然妊娠できるかも」という期待を持ってしまうんですよね。

実際に原因不明不妊でも自然妊娠できている人もいるので、その辺の判断はとても悩むところです。

しかし、自然妊娠にこだわるあまり貴重な時間をタイミング法や人工授精に使ってしまって、後になって「あの時早くステップアップしておけば良かった」と後悔だけはしないようにしてもらいたいです。

今後の治療方針は夫婦や医師をよく相談して進めていくことが大切です。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク