不妊原因の1つともなっている高プロラクチン血症とはどういうものなのでしょうか?

ここでは、高プロラクチン血症の症状や原因、治療法、薬の副作用などを詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク


高プロラクチン血症とは?

高プロラクチン血症
高プロラクチン血症とは血液中のプロラクチン濃度が高くなることで胸が張ったり、妊娠していないにも関わらず乳汁が出たりする症状です。

プロラクチンは、産後に多く分泌されるホルモンでこのホルモンによって乳汁が出やすくなります。

通常、産後は妊娠しにくくなっているのですが、これはプロラクチンの分泌により、授乳中に次の妊娠が起こらないように排卵を抑制させたり、着床しずらくさせているからです。

なので、出産後でもないのにプロラクチンの値が高いと、体は産後と同じような状況になっていると勘違いしてしまい排卵がストップして妊娠しずらくなってしまうんです。

 高プロラクチン血症により起こる症状とは?

高プロラクチン血症 症状
  • 生理不順
  • 無月経
  • 無排卵
  • 乳汁分泌
高プロラクチン血症は特に痛みがあるわけではないため、乳汁の分泌に気が付かなければ自分で高プロラクチン血症だと気づくことはほとんどありません。

月経不順などが原因で病院に行った際に検査を受けて、初めて高プロラクチン血症であることがわかるといったケースがほとんどです。

検査方法は血液検査によって血中のプロラクチン濃度を調べていきます。

プロラクチンの正常値は30ng/ml(男性は10ng/ml)となります。

高プロラクチン血症の原因は?

高プロラクチン血症 原因
高プロラクチン血症になる原因はいくつかあります。
  • 胃潰瘍や精神科の薬を服用している
  • 甲状腺機能低下症がある
  • プロラクチノーマという腫瘍がある
  • ストレスがある
胃潰瘍や精神科の薬を服用している場合は、その副作用として高プロラクチン血症になることがあります。

さらに甲状腺機能低下症があると高プロラクチン血症になることがありますので、この場合は血液中の甲状腺ホルモンや甲状腺刺激ホルモン(TSH)も調べる必要があります。

症例としては少ないですが、プロラクチノーマという脳にできる腫瘍が原因のこともあり、プロラクチンの値が高値な場合はMRI検査を行います。

もしこれらのような原因があてはまらない場合はストレスによって高プロラクチン血症を起こしている可能性もあります。

過度のストレスがかかると自律神経のバランスが崩れ、ホルモンバランスが乱れることにより高プロラクチン血症が起こると言われています。

このように原因は様々で、原因がよくわからない場合もあるのですが、高プロラクチン血症になると排卵障害や着床障害を引き起こす恐れもありますので早めの治療が必要となります。

 男性が高プロラクチン血症になる原因は?

男性 高プロラクチン血症
男性も高プロラクチン血症になる可能性もありますが、男性の場合は主に薬の副作用で起こります。

また、飲酒をした後に胃腸薬を服用するとプロラクチンの分泌を促してしまうことがあります。

その薬を服用してプロラクチンの値が上がったくらいでは、造精機能が働かなくなったり乳汁が出ることはありませんが、不妊治療をしているのであれば胃腸薬の薬を服用する前に医師に相談してみましょう。

高プロラクチン血症の治療法

高プロラクチン血症 治療法
脳下垂体に腫瘍がある場合、大きいものは手術、小さいものは薬の服用で治療することができます。

それ以外なら、内服薬の服用のみで治療していきます。

内服薬はドーパミン製剤(パーロデル、テルロン、カバサール)などが主に使われます。

パーロデル、テルロンのように毎日服用するものやカバサールのように週に1回服用するものなど様々ですので、副作用が強く出るようでしたら医師と相談して別の薬を試してみましょう。

このような薬の服用をすることでプロラクチンの値は正常になりますが、薬の服用をやめてしまえばほとんどの人はまた値が高くなります。

妊娠するには、きちんと排卵させて月経不順を無くさなくてはいけないため、薬の服用は妊娠するまで続ける必要があります。

また、胃潰瘍や精神科の薬(特にドグマチール)を服用しているのが原因で高プロラクチン血症になってしまった人はこれらの薬の服用を止めれば治りますが、どうしても薬の服用が止められない人は上記のようなプロラクチンを低下させる薬を内服していきます。

高プロラクチン血症の影響で着床しずらく流産を繰り返す人は、妊娠したら妊娠6週までは薬を服用し続ける必要がありますが、胎児には影響ありません。

プロラクチン血症治療薬の副作用は?

高プロラクチン血症 副作用
プロラクチン血症の治療で使われる薬は不妊治療の中で扱う薬の中でも特に飲みにくいと言われていて、中には薬の副作用として吐き気や嘔吐をしてしまう人もいます。

しかし、この薬の副作用もずっと続くわけではなく、2~3日程飲み続けていると副作用の症状も現れなくなってくるようです。

吐き気や嘔吐の副作用はかなり辛いですが、数日飲み続ければ軽減されてくるので、赤ちゃんを授かるためと思って少し我慢して服用を続けてみましょう。

それでも、どうしても我慢できないほど辛ければ医師に相談して他の治療薬に変えるなどの対策を考えていきましょう。

漢方薬を使って治療している人もいるようです。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク