子宮内膜症という言葉を一度は聞いたことがあるかもしれません。

子宮内膜症は不妊原因の1つともされていて、多くの女性が辛い症状を訴えています。

ここでは、子宮内膜症の症状や痛み、検査方法や治療法などについて詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク


子宮内膜症とは?

子宮内膜症
子宮内膜症とは子宮内腔にある内膜が、子宮以外の場所(子宮の筋層や卵巣、卵管、腹腔内、直腸、膀胱など)に付着して発育していく病気のことです。

子宮内膜は卵胞が成長してくると分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)の影響で徐々に増殖し、厚みが増して妊娠する準備をします。

そして成熟した卵胞が排卵すると、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され、子宮内膜を着床しやすい状態に整えてくれます。

もし妊娠に至らなかった場合、子宮内膜は一気に剥がれ落ちて出血が起こるようになります。これが月経です。

通常は子宮の内側だけにある子宮内膜ですが、子宮内膜症は何らかの影響により子宮内膜以外の組織で発生して増殖してしまう症状です。

子宮内膜症の原因は?

子宮内膜症 原因
子宮内膜症の原因はいまだにはっきりとわかっていませんが仮説として言われていることはあります。

1つは子宮内膜移植説というものです。

通常、月経の血液は膣を通って体外に排出されますが、この血液が卵管の方へ逆流してお腹の中まで流れてしまい、体外へ排出されることなくそのまま残ってしまうという説。

そしてもう1つは体腔上皮化生説です。

これは腹膜が何らかの影響で子宮内膜に変化して子宮内膜症になってしまうという説です。

子宮内膜症の症状は?

子宮内膜症 症状
通常、妊娠に至らなかった場合は子宮の内側に増殖した内膜が剥がれ落ち、月経となって膣から排出されます。

しかし、子宮以外の場所で剥がれ落ちた内膜は排出する場所がありません。

行き場がなくった内膜はやがて血液の固まりとなり、周りの組織と癒着を起こし不妊の原因に繋がったり、様々な障害を起こします。

■子宮内膜症の症状
  • 下腹部の激しい痛み
  • 腰痛
  • 性交痛
  • 経血量の増加
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 排便痛
  • 不妊
  • 下痢
  • 血便、血尿
 

子宮内膜症が体のどの部分で起きているか、どこまで進行しているかによっても症状が変わってきます。

子宮内膜症が卵管采周辺にできてしまうと、癒着により卵子を卵管内へ取り込むことができなくなり、不妊の原因となります。

卵巣に子宮内膜症ができると、卵巣内に古い血液が溜まってしまいチョコレートのようにドロドロした液の入ったチョコレート嚢腫ができてしまいます。

このチョコレート嚢腫は不妊に繋がるだけではなく、大きくなって破裂してしまうと激しい下腹部痛や吐き気に襲われます。

直腸や膀胱に病巣ができた場合は、下痢や血便、血尿といった症状が現れます。

また、ダグラス窩や子宮を支える靭帯などに病巣があると、性交時に痛みを感じます。

子宮内膜症の痛みは?

子宮内膜症 痛み
子宮内膜症にかかっている90%の人が月経時に痛みを感じています。

その痛みは通常の月経痛よりも痛く、中には我慢できないほどの痛みになる人もいます。

子宮内膜症は本来、子宮内腔にしか存在しない子宮内膜が子宮腔内以外の場所でも毎月、内膜の増殖と剥離出血を繰り返すことになります。

その刺激による痛みで毎月月経時期になると激痛に襲われる人が多くいます。

痛みは「ズキズキとうずくような痛み」と言われていて、回数を重ねるごとに痛みも強くなっていきます。

症状が悪化すると今まで飲んでいた鎮痛剤も効かなくなる場合もあります。

また、他の臓器に癒着があると月経時以外でも下腹部に強い痛みを感じる人もいます。

子宮内膜症の検査方法

子宮内膜症 検査方法
子宮内膜症がある程度進行してしまうと、超音波検査で確認することもできますが、本当に子宮内膜症があるかどうかを診断するには開腹手術か腹腔鏡手術をして実際に調べる必要があります。

また、子宮内膜症になった場合は血液中のCA125という腫瘍マーカーの値が高くなるという特徴があるので、採血をしてチェックすることもできます。

 子宮内膜症の治療法

子宮内膜症 治療法
子宮内膜症は、卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)によって症状が進んでいきますので、薬を使用して卵胞ホルモンの分泌や働きを抑えていきます。

この治療法を行って排卵を止めたり、閉経状態にすることで子宮内膜症組織を萎縮させることができるため症状が緩和されます。

この方法を6ヶ月ほど行っていきます。

しかし、妊娠を希望している人に排卵を止めたり閉経状態にする治療を行ってしまうと、治療の間は妊娠できなくなってしまうため、そこが判断の難しいところです。

薬を使う治療を行った場合は6ヶ月間不妊治療をお休みしなくてはなりません。

女性が高齢の場合はこの6ヶ月の間に妊娠力はさらに落ちる可能性もあるため、薬による治療を行うかを慎重に判断する必要があります。

チョコレート嚢腫の場合は腹腔鏡手術で嚢腫を取り除く方法が多く行われています。

この手術により妊娠する可能性が高まることもありますが再発することもあり、また手術したことで新たな癒着を起こすこともあります。

このようなリスクもあることからチョコレート嚢腫の手術をする場合は、子宮内膜症の症状の程度や年齢、今後体外受精をするつもりかなどを総合的にみて検討し判断していきます。

子宮内膜症の治療にはリスクやマイナス点も多いため、最近では最初から体外受精を行う夫婦も多いようです。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク