二人目不妊は男性にも原因がある

年齢とともに生殖機能が衰えていくのは女性だけではありません。
卵巣や卵子の機能と同じように、男性の精子もストレスなどの外的要因が
原因となって質が低下する場合があります。

精子の質や量には個人差があります。
若いのに精子の量や運動量が十分でなかったり、逆に50代でも元気な精子が
たくさんいる人だっています。

男性の精子は女性と比べて毎日新しく作られるものなので、70歳、80歳でも
赤ちゃんを授かることだってできるんです。

このことから、一人目を特に苦労せずに授かった場合、二人目がなかなか
できない原因が男性側にあるとは思わない人が多いようです。

確かに一度妊娠できているのなら、たとえ質が低下したとしても生殖機能は
正常範囲内にあると考えられます。

しかし、過度のストレスにさらされることにより、元気だった精子たちの質が
低下してしまい、妊娠しにくくなるということはあるようです。

男性不妊

 

男性の生殖機能と脳の関係

これは男女ともに言えることなのですが、生殖機能には脳の働きが大きく
関係しています。この生殖機能に深く関わる脳の部分は、感性や本能を
つかさどる部分となっているため悩みがあったりストレス抱えることで正常に
機能しなくなる場合があります。

「過度なストレスを抱えていませんか?」
「仕事のし過ぎで疲労が溜まっていませんか?」
このようなことでも精子の状態は変わってくるんです。

また、二人目不妊でなかなか赤ちゃんを授からないことによるプレッシャーを
感じてるいる男性も少なくありません。

妻から「今日は排卵日だから」と言われ、夫婦生活をすることが義務的に
なってしまうと、男性は本来の感性や本能の部分が抑えこまれて脳の働きに
影響を与えるんです。

これにより、生殖機能に関わる脳の部分が正常に働かなくなり精子の状態にも
影響が出てくると考えられます。

赤ちゃんを望んでいる場合、毎月の排卵日はとても大事です。
女性はこの1ヶ月を無駄にしたくないという思いで、自分で基礎体温をつけたり
病院で排卵日を調べてもらったりしています。

しかし、女性が排卵日に執着すればするほど男性はプレッシャーを感じるようで
いざ、排卵日に夫婦生活をしたら萎えてしまい失敗に終わったというケースも
少なくありません。

中にはうまくいかなかったことで男性を責めてしまう女性もいるようですが
これは絶対にやってはいけません。

男性は責められたことにより、さらなるプレッシャーを感じ、排卵日にタイミングを
とることすら嫌になってしまう人もいます。このようなことをしていては、
なかなか二人目が授からないのも当然ですよね。

例え排卵日周辺で夫婦生活をしたとしても、義務的にならずに自然の流れで
行えることが理想です。

女性は普段から男性に対し思いやりを持って接しましょう。
そして、いつも仕事を頑張っていること、家族を大切にしてくれること、
子供と遊んでくれていること、家族みんなが健康で暮らしていけることなどを
感謝の言葉であらわしてみましょう。

そんな気持ちが男性に伝わると男性の心は変化していき、温かい気持ちに
なるはずです。

実はこのように心の状態を変えることで、それが脳を介して体の状態も
変えてくれるんです。排卵日でのタイミングも「疲れてるなら今月はいいよ」と
言ってみてはどうでしょう?

男性はそのように言われると、普段優しい言葉をかけてくれる妻のためにも
頑張りたいと思ってしまうものです。

赤ちゃんが授からないことでの不安やストレスは誰でもありますが、
ストレスを溜めてしまっては逆効果となり、ますます妊娠しずらい体へと
変わっていくので夫婦が心穏やかでいることが大切です。

普段から夫婦でのコミュニケーションをとりながら良い関係を保つことが
結果的に夫婦生活も増え、妊娠する確率も上がってきますよ。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク