卵子は年齢とともに衰えていく

いくら実年齢より若く見られても、卵子の老化を防ぐことができません。
人間の機能は年齢とともに老化し、衰えていくのが自然のように
生殖機能も同じように老化していくんです。

卵子は胎児の時から一生涯の卵子を卵巣の中に保管されて生まれてきます。
そしてその保管された卵子の中から毎月排卵していくんです。

20歳で排卵した卵子と40歳で排卵した卵子は2つとも胎児のときに
作られた卵子で保管期間が違うだけです。

20年間卵巣の中で保管された卵子と40年間卵巣の中で保管された卵子は
どちらが新鮮で妊娠しやすいかというのはわかりますよね?

40歳近くまで保管された卵子はどんどん衰えていき、受精しにくい、
着床しにくいなどの影響がでてきます。

また、年齢が上がっていくとともに卵子の中の遺伝情報が欠損しやすくなり
染色体異常を持った卵子が多くなるということもあります。

染色体異常を持った卵子のほとんどが着床できないか、着床しても
母体の中で長く生きることができず成長が止まってしまうので
結果的に流産を引き起こしてしまうことになるんです。

これが「卵子の老化」の現実で、高齢になると妊娠しずらく、流産しやすく
なるというのは、このような原因によって起こります。

 

 

二人目不妊の原因は卵子の老化?

一人目で妊娠・出産した時に比べ、二人目を望むころには年月が経っています。
一人目を不妊治療をせずにすぐに授かった場合は、二人目もすぐにできると
思う人が多いのではないでしょうか?

しかし卵子は確実に老化に向かって進んでいるため、一人目の時とは
状況がだいぶ変わっていることがあります。

女性の妊娠能力は年齢を重ねるごとに低下していきますが、女性の場合
男性に比べて早い段階で急激に低下していきます。

女性が20代や30代前半の場合は、二人目もあまり苦労せずに
授かることが多いようです。(不妊原因によります)

しかし、35歳以上になったら卵子の老化は急激に進んでいきますので
なるべく早いうちから二人目を考えた方がよさそうです。

「一人目がすぐにできたから二人目もそのうちにできるだろう」と思っていると、
なかなかできなく、いつの間にか年齢だけがどんどん上がっていき
妊娠しずらい体へと変わっていきます。

どれだけ見た目を若く保っていても、卵子の質と数を保つことはできません。
そのため、年月が経つとともに妊娠しにくくなっていくのは当然のことなんですね。
「一人目ができたから二人目もきっと大丈夫」とは、必ずしもあてはまらないので
そのことを頭に入れておきましょう。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク