入浴は冷え性改善に効果的です

冷え性を改善させるためには、血液の流れを良くすることが大切です。
その対策の1つとして「入浴」があります。

みなさんはしっかりと入浴をして体を温めていますか?
シャワーだけで済ませてはないですか?

入浴を行うことで体が温まり、全身の血流の流れが良くなりますので
冷え改善のために、是非取り入れてみましょう。

入浴があまり好きではない人や忙しい人の多くは烏の行水のように
短時間入っただけですぐに終らせてしまう人もいますが、これでは体は
温まりませんし、余計に体を冷やしてしまうことになります。

また、寒い冬には湯船に浸かるけれど、暑い夏ではシャワーだけで
済ます人は多いのではないでしょうか?

夏は体の冷えとは無縁と思われるかもしれませんが、夏こそエアコンや
冷たい飲み物で体が冷えているため、入浴でしっかりと温めることが
必要なんです。

1年中通して入浴することが冷え性改善に繋がりますよ。
例え仕事が忙しく夜遅くに帰ってきても、なるべく湯船に入ることを
おすすめします。その日の冷えはその日に温めることが大切だからです。

 

 

半身浴がおすすめ

半身浴妊娠を望んでいる人に特にオススメなのが「半身浴」です。

半身浴とは37℃~40℃のお湯に胸から下だけを20~30分ほどゆっくりと浸かることで身体を芯から温める入浴法。

下半身だけを集中して温めるので妊娠するために大切な子宮や卵巣などの血行が良くなり、赤ちゃん待ちの人にオススメの入浴法なんです。

「全身浴」と言って肩まで湯船につかる入浴法もあるのですが、
全身浴は心臓や肺にも負担がかかってしまうため、リラックスできません。

そして下半身よりも先に上半身の方が温かくなりますので、下半身が
温かくなる前にのぼせてしまいがちなんです。

子宮や卵巣のある下半身が温かくならないと意味がありませんので
全身浴は赤ちゃん待ちの人には向いていないということです。

その点半身浴は体を芯から温め、じんわりと汗をかいてくるので、
入浴後もポカポカが長く続くというメリットがあります。

 

 

半身浴をする時のポイント

半身浴をより効果的に行うためのポイントをご紹介していきます。

check14 半身浴をする時のポイント

round02-009 入浴時間は20分~30分程度にする
round02-009 37℃~40℃のお湯に浸かる
round02-009 お湯に浸かるのはみぞおちから下がベスト
round02-009 肩が冷えたらタオルなどで肩を覆う
round02-009 途中でお湯が冷めてきたら温め直すかお湯を足す

半身浴のポイントは37℃~40℃くらいのぬるめのお湯に浸かるということです。
それ以上お湯の温度を上げてしまうとのぼせてしまいやすく、リラックス
できませんので気をつけましょう。

また、何も入れないさら湯のままだと肌を傷めてしまう恐れもあるので、
入浴剤を入れるとリラックス効果もさらに期待できますよ!

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク