男女ともに喫煙は不妊の重大な原因となっています。
女性の喫煙はもちろん体に悪影響ですが、男性の喫煙は造精機能だけではなく
受動喫煙によって妻の妊娠力をも低下させることが知られています。

受動喫煙とは、本人は吸わなくても周囲が吸うたばこの有害物質が体内に入り
間接的にたばこを吸っていることになるということです。

パートナーに限らず同居している人が喫煙をしている場合も
妊娠に悪影響を及ぼします。

 

女性の喫煙による妊娠への影響とは?

女性の喫煙は月経不順や無排卵月経などを起こす可能性が高くなり
卵巣の老化を明らかに加速させます。

排卵障害だけではなく、卵子の質そのものを低下させることがわかっていますし
また、卵管采のピックアップ機能の低下、そして子宮内膜への血液が
十分に行き渡らなくなることで受精卵の着床率の低下など、様々な問題が
喫煙が原因で起こります。

実際にタバコを吸う女性は吸わない女性よりも不妊率が2~3倍高いという
データも出ています。

 

 

男性の喫煙による妊娠への影響とは?

男性が喫煙をすることで造精機能に悪影響を及ぼすことははっきりと
わかっています。

精子の数が減り、精子の運動率も悪くなります。
奇形精子も増加するため男性不妊になる可能性が高まります。

妻がたばこを吸わなくても夫が吸う受動喫煙によって、妻がたばこを
吸っているのと同じくらいに体外受精の成功率が悪くなるという
結果も出ているほどです。

reten05-008 喫煙による体外受精の成功率

夫婦ともに非喫煙・・・妊娠率48%
妻が喫煙・・・妊娠率19%
妻は非喫煙だが、夫だけが喫煙・・・妊娠率20%

これを見ると、妻がタバコを吸っていなくても夫の受動喫煙によって
かなりの影響が出ていることがわかりますよね。

 

 

妊娠を希望するなら夫婦ともに禁煙を

不妊 たばこ妊娠を希望しているなら、今すぐに夫婦ともに禁煙することが必要です。

男性の喫煙がどれだけ妻の妊娠に悪影響を及ぼすかということも理解して頂けたでしょうか?

受動喫煙による副流煙はたばこを吸っている本人が吸う煙以上に有害とも言われているんです。

「それなら屋外で吸えばいいんじゃない?」と思う人もいると思いますが
一緒にいる室内でのたばこを止めればいいというわけではありません。

なぜなら、たばこを吸う人の吐く息から有害物質が出ているからなんです。
これは、屋外で吸っても防ぎようもありませんよね。

このことから、妊娠力を上げるためには禁煙することが1番ということです。
赤ちゃんを望んでいる夫婦は、タバコが妊娠にどれだけの悪影響を
及ぼすかをよく理解して、すぐにでも禁煙する努力をしていきましょう。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク