運動不足と不妊の深い関係

不妊と体の冷えは深い関係があるとされていますが、冷えの原因の
1つと考えられているのが「運動不足」によるものです。

現代では女性の社会進出の増加により、バリバリ働く女性が多くいます。
しかし主にデスクワークの方は足腰の血行が悪くなり、新鮮な血液が
体に行き渡らなくなっているかもしれません。

また、移動も昔より楽になり、その分時間をうまく使えるようになりましたが
反対にほとんど体を動かさない運動不足の人も増えているのが事実です。

このように、一日であまり体を動かさない方やデスクワークを主に行っている方は
運動不足により血液循環が悪くなり、冷えを引き起こしている可能性が
高いんです。

体が冷えてしまうと、血液が十分に卵巣や子宮などに行き渡らなくなり
生殖機能を低下させてしまうので妊娠しずらい体へと変化してしまいます。
血液の流れを良くするために、適度な運動を行っていきましょう。

 

 

不妊の人におすすめの運動方法

体の冷えによる不妊を改善させるためには筋力トレーニングのような短時間に
行う運動よりも、あまり体に負担をかけずに長時間行うことのできる
有酸素運動が効果的とされています。

有酸素運動の中でも特におすすめなのが、ウォーキングやヨガ、水泳です。

これらのような有酸素運動は血流を良くし、子宮内の環境を良くしてくれる
効果があります。そして卵巣への血液の流れも良くしてくれるので、
結果的に質の良い卵胞を作ることができるんです。

特にウォーキングは誰でもすぐに始められるのでおすすめ!
有酸素運動の代表とも言われていて、体に新鮮な酸素を取り入れて
脂肪を燃焼させる運動です。

ウォーキングでしたら、ちょっと時間が空いた時や通勤の時などに気軽に
行うことができますよね。

 

 

ウォーキングをより効果的に行う方法

ウォーキングはただ単に歩くだけよりも、より効果が発揮される方法が
ありますので是非取り入れてみましょう。

check14 ウォーキングをより効果的に行う方法

round02-009 スニーカーなど歩きやすい靴を履く
round02-009 ウォーキングする前にはストレッチを忘れずに
round02-009 時間は20分~30分くらい行うのがベスト
round02-009 普段より歩幅を大きくし、ペースを上げるあ
round02-009 背筋は真っ直ぐに姿勢よく歩く
round02-009 呼吸は「吸う、吸う、吐く、吐く(スースーハーハー)」をテンポよく行う
round02-009 荷物は持たないで、腕を大きくしっかりと振る

 

ウォーキング運動を続けるコツは無理のないように行うことです。
そのためウォーキングなどの運動は無理に毎日行おうとせずに、
自分ができるペースで行うことが重要です。

毎日行える人は毎日やった方がいいのですが、仕事などで忙しい人は
なかなか毎日行うことなんてできませんよね。

そのような人は週に3~4日程度でも問題ありません。
要は長期的に持続させることが大切なんです。

それでも時間がない人は通勤を利用して行う方法もあります。
例えば、家から駅までいつもはバスや自転車を使っているけれど
徒歩に変えてみる。

また、いつもよりも少し早く自宅を出て、一駅分歩いてみる、など
方法はいろいろとあります。

会社でのデスクワークが多い人は、仕事の合間に伸びをする、足首を動かす、
足の指でグーパー運動をするなどして血液の流れを促すのも効果的です。

このように、1日少しでも良いので体を動かす動作を意識的に行っていきましょう。
頑張りすぎない少しの運動で冷えを改善させ、赤ちゃんができやすい体を
作ることができますよ。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク