不妊検査の1つに子宮鏡検査というものがあります。

この検査は全ての人に必要な検査ではなく、子宮内に筋腫やポリープなどがある場合に子宮鏡検査で詳しく観察、場合によっては切除していくものです。

不妊の原因を知るために比較的初期に行われる検査になります。

ここでは子宮鏡検査について検査手順や検査時期、費用、痛みなど多くの人が気になっていることをご紹介していきたいと思います。

 

子宮鏡検査とは?

子宮鏡検査

子宮鏡検査とは子宮の内部(子宮腔)を内視鏡で調べる検査で、小型カメラがついた子宮鏡と呼ばれる内視鏡を膣から子宮内部へ入れて観察していきます。イメージとしては胃カメラのようなものです。

この検査は超音波検査や子宮卵管造影検査をした結果、子宮内に筋腫やポリープなどの異常が見られた場合に行われます。

子宮鏡検査で使われる内視鏡は「硬性鏡」と「軟性鏡」の2種類があるのですが、最近多く使用されるのは軟性鏡の方になります。

以前は硬性鏡の内視鏡が多く使われていましたが、硬性鏡は太さもあるため子宮内で曲げにくく検査中に痛みが出ることも多くあるため、最近ではほとんどの病院で軟性鏡を使用しています。

子宮鏡検査

 

 

子宮鏡検査の手順は?

子宮鏡検査 手順

子宮鏡検査をする際は、まず最初に膣内と子宮の入り口である子宮頸部を消毒します。

そして膣内から先端にカメラがついた内視鏡を挿入していきます。

検査を行う際は子宮内に生理食塩水を流し、子宮内を膨らませながら観察していきます。

子宮鏡の先端は直径3mm程度のとても細いものですが、子宮内の様子をモニターではっきりと映し出すことができます。

検査の時間は10分~15分ほどで終了します。

子宮頸管に子宮鏡を通す時は、少し痛む人もいますが通常は無痛で麻酔なども使用しませんので入院の必要もありません。

患者さんは一緒に子宮内のモニターを見ながら説明を聞くことができ、終了後すぐに結果を知ることができます。

 

 

子宮鏡検査で何がわかる?

子宮鏡検査

子宮鏡検査では、子宮腔にできた子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどを見つけたり、子宮奇形や癒着、炎症が無いかなどを確認していきます。

また原因不明不妊の場合も、子宮鏡検査をすることで不妊に繋がる異常の有無を調べることができます。

検査中に小さいポリープや筋腫が見つかれば、その場で切除して治療することも可能です。

超音波検査をした結果、子宮腔内に異常があった人は早めに子宮鏡検査をすることで治療することができますし、原因不明の方は不妊原因が見つかるケースもあります。

 

 

子宮鏡検査を受ける時期は?

子宮鏡検査 時期

子宮検査はいつでもできる検査ではありません。

排卵前後などの排卵期では子宮内膜が厚くなっていて出血しやすいので検査時期に適しません。

子宮鏡検査を受けるのなら、月経終了直後から月経10日目の卵胞期がベストと言われています。

この時期でしたら不要になった子宮内膜も剥がれ落ち、子宮内を観察しやすくなるからです。

 

 

子宮鏡検査の痛みは?

子宮鏡検査 痛み

子宮鏡検査を受ける際に気になるのが痛みはあるのか?ということですよね。

以前は硬性鏡の内視鏡が多く使われていて、太さがあったため子宮内で曲げにくく検査中に痛みが出ることも多くあったようです。

しかし、最近多く使われている軟性鏡のヒステロファイバースコープはほとんど痛みを感じないと言われています。

そのため麻酔も必要なく、入院せずに日帰りで受けられる点も魅力の1です。

ただし、高齢の人や出産経験がない人は膣や子宮の入り口が硬くなっていたり狭かったりするので内視鏡の挿入時に痛みを感じる人もいるようです。

痛みがあってもものすごく痛いというわけではないようなので、あまり緊張せずにリラックスして受けましょう。

 

 

子宮鏡検査の費用は?

子宮鏡検査 費用

子宮鏡検査はどのケースにも保険が適用されるわけではありません。

例えば習慣流産や着床不全などがあって医師が検査が必要であると判断して受ける場合は保険が適用されます。

しかし、特に異常がないけれど患者本人が希望して受けた場合は自費となります。

費用の目安としては保険適用の場合はだいたい3000円~7000円くらいで自費の場合は10000円~20000円くらいのようです。

病院によっても費用が違ってきますので、気になる人はかかりつけの病院に確認してみましょう。

 

 

子宮鏡検査後の注意点

子宮鏡検査

子宮鏡検査は難しいものではなく、日帰りで受けることができますので、特に検査後に安静にしなくてはいけないとういうわけではありません。

検査後には抗生物質が処方されるので、忘れずに服用しましょう。

また検査当日はシャワーのみにし、湯船に浸かることは避けてください。

もし、検査後に出血や下腹部の強い痛み、発熱が出てきたら病院に連絡しましょう

 

 

子宮鏡下選択的卵管通水法とは?

子宮鏡検査

子宮鏡下選択的卵管通水法とは子宮卵管造影検査で卵管閉塞、または卵管の通りが不良であると診断された場合に行う検査となります。

これは、約3mmの細い子宮鏡を子宮内腔に挿入し、卵管には1mm弱の特殊なカテーテルを通し、色素水を注入して卵管の通過性を調べる検査となります。

子宮腔内に生理食塩水を注入するため、検査中は軽いチクチクするような下腹痛を感じることもありますが、時間も3分ほどで終了するため負担になる程ではありません。

子宮卵管造影検査で卵管閉塞と診断された場合でも、この検査をすることで卵管の詰まりが通ることも多くあります。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク