排卵日は体温がガクッと下がる日?

基礎体温を測ることで、月経リズムや排卵日を予測することができるため
自然妊娠するための第一歩となります。

妊娠を希望する多く女性は基礎体温を測っているようですが、
排卵日予測をするのって意外と難しいんですよね?

通常、排卵日は基礎体温が低温期の中でもガクッと下がる日と
言われてきました。しかし、その通りに夫婦でタイミングを行っても
なかなか妊娠できないという人も多くいます。

実は最近では、体温がガクッと下がった日が排卵日とは限らないと
されているんです。だいたいの確率は次のようになります。
最低体温日の前日が排卵日の確率・・・5%
最低体温日が排卵日の確率・・・22%
最低体温日の翌日が排卵日の確率・・・40%
最低体温日の翌々日が排卵日の確率・・・25%
上のデータを見ると最低体温日の翌日が一番排卵日の確率が高いことになり
必ずしも最低体温日が排卵日ではないことがわかります。

最低体温日の前日~最低体温日の翌々日の4日間がもっとも排卵が
起こっている可能性が高いとされていますので、この間にタイミングを
とると妊娠する確率が高くなるというわけです。

 

 

基礎体温から排卵日を特定するには?

必ずしも体温がガクッと下がった日が排卵日とは限らないということは
上でもお話しました。

人によっては、最低排卵日の前日が排卵日だったり、最低体温日の翌日や
翌々日が排卵日だったり様々ですので、排卵日を予測することは意外に
難しいことがわかります。

しかし、基礎体温を長期間測り続けていると、自分の体の状態やリズムが
徐々にわかってきて排卵日予測もしやすくなる傾向があります。

基礎体温を3ヶ月間は測り続けていると、自分の高温期と低温期の
サイクルが
読み取れるようになってきますよ。

月経リズムが正常な場合は排卵してから14日後に生理がくることが多いので
逆算していつ頃が排卵日だったのかを知ることができます。

また、基礎体温だけではなく排卵検査薬を使うことで排卵日がより
特定しやすくなります。

基礎体温は長期的に継続することに意味があり、基礎体温を測り始めて
1ヶ月くらいでは自分の月経サイクルを知ることはまだまだできません。

継続して測ることで自分の体の状態や排卵日を知ることができるとともに、
もし体の状態に異常があれば、ちゃんと基礎体温にも現れるため、早期に
気づくことができ病院へ受診することもできるんです。

このことから基礎体温を測って排卵日を予測することは、妊娠する確率を
より高めるためにとても重要になります。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク