自分の身体の状態や月経リズムを知るために毎日基礎体温表を
つけることはとても大切ですし、自然妊娠への第一歩となります。
ここでは基礎体温を測る重要性や正しい測り方などをご紹介していきます。

 

基礎体温を測る重要性

基礎体温とは、人間が生きていくために必要最低限の体温のことをいいます。
寝ている間の体温のことなのですが、寝ている間に体温を測ることは
できないので、朝目覚めてすぐに測る体温を基礎体温としています。

排卵後の女性の体は黄体化したプロゲステロン(黄体ホルモン)を
分泌することにより0.3℃以上体温を上げます。

これが排卵すると基礎体温が高温期に突入する理由で、プロゲステロンの分泌は
約2週間続きます。

その周期に妊娠まで至らなければ、今度は卵巣からエストロゲンの分泌量が増え
体温が低下していきます。これにより基礎体温は高温期から低温期に
移行していきます。

このように基礎体温を測ることで自分の月経周期や排卵日、ホルモンバランスの
状態などを知ることができるため、自然妊娠に近づく第一歩となるんです。

そして病院の初診時に基礎体温表を持っていくと、医師もその人の
体の状態や月経リズムを把握しやすいので、治療方針も決めやすいという
メリットもあります。

 

 

基礎体温の正しい測り方

check14 夜は早く寝るようにしましょう

深夜2時過ぎに就寝したり、朝5時前の起床では正確な基礎体温を
測ることができません。そして、せめて4時間以上の睡眠をとることが
正しく測るためには大切です。

 

check14 基礎体温計はすぐ取れる場所に置いておきましょう

基礎体温は、朝起きてすぐ、体を動かさないうちに測定しなくては
正確な体温が測れません。

そのため、基礎体温計は寝る前に枕元に用意しておきましょう。
水銀の基礎体温の方が正確に測れますが、測り終えるまで
時間がかかるというデメリットもあります。

水銀の体温計がなければデジタルのものでも大丈夫ですので
自分が使いやすい方を選びましょう。

基礎体温

 

check14 起き上がる前に測定する

朝目が覚めてから起きてから体を起こしてしまうと、体温が上がってしまい
正確な体温が測れなくなってしまいます。

朝目が覚めたら起き上がらずに、布団の中で寝たまま舌の裏の根元に
体温計を入れて測りましょう。

基礎体温

 

check14 基礎体温をグラフにしましょう

基礎体温を測ったら、忘れないうちに表に書き込んで折れ線グラフにすると
わかりやすいです。

自分はもちろんのこと、病院の医師に見てもらう時にもすぐにわかるように
しておきましょう。

 

check14 継続することが大切

基礎体温を測り始めたら、毎日継続して測り続けることが大切です。
3ヶ月くらい続けて測ってみると、自分の体の状態や月経リズムが
わかってきます。

1日や2日くらい測り忘れるくらいなら問題ありませんので次の日から
忘れずに測り始めましょう。

しかし何日も続けて測り忘れてしまうと、グラフにすることができず
体の状態を知ることが難しくなりますのでなるべく継続して
測り続けることが重要です。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク