高温期の過ごし方

高温期高温期は、排卵した卵子が精子と受精し、胚の細胞分裂、着床に向けてのとても大切な時期です。

受精卵が着床しやすい環境を作るためには子宮内膜を厚く、フカフカの状態にすることです。

妊娠を望んでいる人はなるべく体を温めて過ごすことが大切となります。体を温め、血液の流れが良くなると子宮内膜も温かくなり、受精卵にとって居心地のいい状態になるからです。

ここでは受精卵が着床しやすくなる高温期の過ごし方をご紹介していきます。

 

高温期の過ごし方

check14 食生活

受精卵が着床している可能性があるとても大切時期ですので、体を冷やすような
食事は避けましょう。この時期はなるべく体を温める食材を摂ることが大切です。
star90体を温める食材

round02-009 根菜類(にんじん、レンコン、ごぼう、かぼちゃ、玉ねぎ、ネギ、しょうがなど)
round02-009 動物性食品(鶏肉、羊肉、魚など)
round02-009 色の濃い食品(黒豆、黒ゴマ、黒砂糖、紅茶、赤ワイン)
round02-009 寒い地域で採れる食材
round02-009 秋や冬が旬のもの
高温期に体を冷やしてしまうアイスクリームや野菜ジュース、牛乳、
スナック菓子などは摂らないように気をつけましょう。

体を温める食材・冷やす食材の詳細はこちら

 

check14 子宮に振動を与えないように

胚が子宮内に着床する頃には、出来るだけ子宮に振動を与えるような
行動は避けましょう。

例えば、体を激しく動かす運動や自転車の運転などです。
自転車の運転はサドルが子宮にあたり、振動を受けやすいので注意が必要です。
胚が子宮内に無事着床できるように、穏やかな生活を送りましょう。

 

check14 精神的に不安定なりやすいので注意

この時期は、精神的に不安定になりやすい傾向があります。
そして、イライラ、のぼせ、火照り、頭痛、めまいなどの月経前症候群(PMS)の
症状にも悩まされがちです。

これらの症状が現れる原因には血液循環の不良が多いため、体を温めることで
症状が改善されていきます。

また、今回こそ着床できるかという不安も抱えやすく、常に緊張している
状態が続く人もいます。

この時期はなるべく無理をせず、ゆっくりと過ごすことが大切です。
ストレスをなくし、心穏やかでいることが着床しやすい状態へと近づけてくれますよ。

 

check14 日常生活で気を付けること

高温期の時期は妊娠している可能性も十分に考えられるため、タバコは避け、
アルコールやカフェインもほどほどにしておきましょう。

また、薬を服用する際やレントゲン撮影をする場合も医師に相談してから
行うことです。

まだ妊娠しているとはっきりわかったわけではないので、行動範囲を狭める
必要はありませんが、スポーツや旅行なども自分の体調に合わせて
行うことが大切です。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ