基礎体温はその人の月経リズムや排卵の有無、それ以外にも体の状態を知るための
目安となり、自然妊娠を望む夫婦にとってはとても大切なものです。

「基礎体温が低めでも妊娠の可能性はあるの?」
元々基礎体温が低めの場合、このような疑問を持ち、不安に感じている方も
少なくありません。

実は、最近ではこのように基礎体温が低めの女性が増えています。
体温が低くなってしまう原因は様々ですが、疲れやすかったり、冷えにより血行が
悪くなっていることが考えられます。

体の冷えは妊娠を妨げる要因にもなっていて、子宮や卵巣などの生殖機能が
低下してしまい、妊娠しずらい体へと変わってしまうので注意が必要です。

基礎体温が元々低めの方は、体を温める対策を行うことで、体温も徐々に
上がっていきますよ。

関連記事⇒冷えを改善させることによる妊娠効果

 

基礎体温が低めの時の妊娠の可能性

では、基礎体温が低めだと妊娠することは難しいのでしょうか?

基礎体温表をつけてみて、低温期と高温期がしっかりと二層に分かれたグラフに
なるのであれば、排卵が行われているということになるので基礎体温が低くても
妊娠できる可能性があります。

ただ、低体温の期間と高体温の期間の体温の差が、0.3℃以上である必要があります。
もし、0.3℃以上の差がないのであれば、排卵障害を起こしている場合もあり
ずっと低温期が続いているような場合は、無排卵月経の可能性がありますので
注意が必要です。

ずっと低温期のままで高温期に移行しない場合は無排卵であると考えられますので
無排卵であれば、妊娠することもできませんよね。

 

ポイントは低温期と高温期の温度差!

実は、基礎体温が元々低めでも妊娠できた人って結構いるんです。
基礎体温はほとんど35℃台で36℃を越えたら高温期?という方も中にはいます。

でも、このような方も低温期と高温期がしっかりと2層に分かれているようなので
やはりポイントは基礎体温が低くても高温期と低温期の差が0.3℃以上であること
なんですね。

ただ、元々基礎体温が低めの方は体が冷えている可能性が考えられますので
体を温める努力をしていきましょう。体の冷えを改善させることによって、妊娠力はグッと上がります。

今までは全く気にもしなかった体温の少しの変化も、妊活を行うと気にしてしまい
逆に気持ちが不安定になってしまう方も少なくありません。

高温期に移行せずにずっと低温期が続いてしまう無排卵は、ストレスなどが主な原因と
言われていますのであまり神経質にならずに肩の力を抜くことも必要ですね。

そして、もし高温期と低温期の温度差がほとんどない状態が数か月も続くようであれば
早めに病院へ受診して治療を行っていきましょう。

 

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク