低温期の過ごし方

生理周期で妊娠するために一番大切な期間が実は低温期なんです。
その理由としては、卵胞の成長や質が決まる時期だからです。

低温期に、卵巣の中にある卵胞は排卵に向けて発育を始めます。
卵胞は低温期の時にしか育ちません。

少しでも質の良い卵胞を作るためには、卵巣へ多くの血液を送り込み、
卵子の成長を促していくことが大切です。

ここでは低温期の過ごし方をご紹介していきますので、参考にして頂き
少しでも質の良い卵胞を作っていきましょう。

低温期

 

低温期の過ごし方

check14 食生活

1日3食、バランス良く食べることが基本となります。
特に体を温める食材を食べることで良い血液の流れが良くなるので
卵胞の質を良くしてくれます。良い血液を作るためにたんぱく質や鉄分を
積極的に摂りましょう。
star90体を温める食材

round02-009 根菜類(にんじん、レンコン、ごぼう、かぼちゃ、玉ねぎ、ネギ、しょうがなど)
round02-009 動物性食品(鶏肉、羊肉、魚など)
round02-009 色の濃い食品(黒豆、黒ゴマ、黒砂糖、紅茶、赤ワイン)
round02-009 寒い地域で採れる食材
round02-009 秋や冬が旬のもの
「冷えを改善させる食事」をさらに詳しく

 

check14 体を温める

質の良い卵胞を育てるためには体を温めることがとても大切です。
体が冷えていると血流の流れが悪くなり、十分な栄養や酸素が卵巣に
送られなくなってしまいます。

そうなると卵巣の機能は低下し、卵胞の発育が悪くなってしまうのため
低温期は特に体を温めることが必要です。

体を温める食材を食べたり、服装に気を遣ったり、半身浴などをして
体を温める対策を行っていきましょう。

冷えを改善させることによる妊娠効果

 

check14 ストレスを軽減させる

ストレスを多く感じていると、体が緊張し硬くなります。
また卵巣や子宮への血液循環も悪くなり、その結果卵胞の成長や質にも
影響を与えてしまうんです。

なるべくストレスを軽減させ、ゆったりとした気分で過ごすことで、血液循環が
良くなり、卵巣や子宮へ栄養や酸素を運んでくれます。

 

check14 睡眠をしっかりとる

卵胞や卵子が成長するのは、夜間が多いと言われています。
そのため、しっかりと睡眠をとることは卵胞の成長や質を良くするために
とても重要です。

夜遅くまで起きていると、卵胞を育てる血液が消耗するため、質の良い卵胞が
できにくくなってしまうんです。

質の良い卵胞を作るためには遅くとも、12時までには就寝することが良いと
されています。

 

check14 適度な運動

適度な運動をし、体を動かすことで血流が良くなり、質の良い卵子が
作られやすくなります。

おすすめはウォーキングなどの有酸素運動です。
ウォーキングでしたら、体に大きな負担を与えることなく自分のペースで
できるため、卵子の成長や排卵もスムーズに起こりやすくなります。

このようにゆっくり体を動かす運動は血流の流れを良くするのでおすすです。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ