「もしかしたら不妊かもしれない・・・」
「不妊治療を始めようと思っている」という方は
まずは不妊に関する基本的な知識を身につけておきましょう。

知識を知っておくことで、これからの心構えができますし
これから治療や妊活をしていく上での基本となる部分になります。

 

不妊の基礎知識

 
 

 

不妊治療を始める前に知っておきたいこと

 
 

まずは二人でできるタイミング法

 
不妊治療や妊活を始める上で、基本的な知識を身につけておくことはとても大切です。”不妊”はなかなか周りの人に打ち明けることができないものですが1人で悩んでいないで、まずはパートナーと話し合って、今後どうしていくかを決めていきましょう。年齢がまだ若く、不妊治療に抵抗がある場合は夫婦二人でできるタイミング法から挑戦してみても良いと思います。しかし、それでもなかなか妊娠しない場合は何らかの原因が隠れていることもありますので1度、専門機関へ行って男女ともに検査を受けることをおすすめします。また、年齢が35歳上の場合も、早めの受診が大切です。悩んでいる間にも、体の状態はどんどん変化して妊娠しずらくなっていきますので、大切なものと時間を逃してしまわないようにしてください。夫婦で話し合って不妊治療を受けることを決めたのであれば「不妊治療を始める前に・・・」を読んで頂き、自分たちでできる準備をしていきましょう。
 

基礎体温の知識と疑問

 
 
自分の排卵日を知ることは、自然妊娠の近道となります。妊娠しやすい時期を知るためにも、妊娠しにくい原因を探るためにも基礎体温を継続して測っていきましょう。もし妊娠しにくい場合、基礎体温を数か月測り続けてグラフにしてみるとグラフの形が正常なものと違うというパターンが多く見られます。基礎体温のグラフからも、不妊原因を知ることができる場合もあるため自分のグラフをいろいろな形のグラフのパターンと見比べてみましょう。また、基礎体温表は病院へ持っていき、医師に見せることで今後の治療方針も決めやすくなります。しかし、理想的なグラフの形にしようと、実際の数値を改ざんしてしまっては全く意味がありません。基礎体温を測る意味は自分の体の状態を知るためなので理想の数値とは違ったものでも、正確な数値を記録することです。それにより、医師も原因を知る1つの目安となり、排卵の有無や黄体や卵巣の機能不全、卵胞の発育不全などを知ることができるんです。