排卵編では、約1000の中から勝ち残った1つの卵子により無事に排卵することができました。
次はいよいよ卵子が精子と出会います。しかしそれまでにはたくさんの障害が・・・

 

妊娠する仕組み(受精編)

受精

 

射精された精子はどこへ行く?

精子が射精されると、女性の子宮頸管という約2~3cm位の幅のトンネルを通って子宮腔というところへ入っていきます。

女性が排卵時期だと頸管粘液という伸びるおりものが子宮頸管の中に多く出ているため精子が通りやすくなるんです。そして子宮腔を通った精子はそのまま卵管へと進んでいきます。

射精された時の精子の数は数千万~数億個とも言われています。ものすごい数の精子が一度に女性の膣の中へ入っていくわけなんですね。

しかし子宮頸管内に無事に入れる精子は、この時点で最初の1/10~1/100にまで絞られてしまうんです。

実は、膣や子宮の中は精子にとってあまり良い環境とは言えないんです。そのため多くの精子が卵子に辿り着くまでに力尽きてしまい、最終的に卵子が待っている卵管膨大部まで行きつける精子は数十個~数百個にまで減ってしまいます。

ここまで生き残った精子たちは、かなり生命力、運動能力の高い精子たちなんですね。

 

 

精子との出会い

排卵し、卵管采にキャッチされた卵子は卵管膨大部で精子と出会います。もし、排卵よりも精子が辿り着く方が早ければ、精子はそこで卵子が来るのを
今か今かと待っています。

精子が射精されてからの寿命は長くて5日。平均で3日は生きています。卵子が排卵されてからの寿命は24時間位ですから、できれば精子が先に卵管膨大部へ到着して卵子を待っている方が望ましいということですね。

 

 

受精

そして、いよいよ卵子と精子の受精です。
卵子が待っている卵管膨大部に到着した精子は、卵子の周りに群がります。

そして精子たちは頭から、卵子を覆う透明帯を溶かすための酵素を出し、尾をフリフリと振りながら卵子の外を覆っている顆粒膜細胞を通り抜けようとするんです。

この動作を数十個の精子が一斉に行います。そのうちに一個の精子が透明膜の中へ入ると、その瞬間に透明膜は性質を変え、それ以上精子が入ってこれないようにバリアが張られます。

そして、最初に透明膜の中へ入ることができた精子が卵細胞の中へ入り受精します。受精できた精子は、数億の中からたった1つ勝ち残った幸運な精子ということなんですね。

そう考えると、約1000個の中から勝ち残った1つの卵子と数億個の中から
勝ち残った1つの精子の受精はまさに奇跡的と言えますね。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク