40代 妊娠率 流産率
最近では昔に比べ高齢で妊娠・出産する人が増加しています。

高齢妊娠・出産とは35歳以上の女性のことを言いますが、今では40代で妊娠・出産する人も珍しくありません。

しかし、年齢が上がるにつれて妊娠しにくくなっているのも事実です。

ここでは、特に40代女性の妊娠や妊娠率についてをご紹介していきます。

スポンサーリンク


40代での出産はどんどん増加しています

40代 妊娠
女性の社会進出や晩婚化により、女性の妊娠や出産は遅い傾向にあります。

30代に入ってからの妊娠は今や当たり前で、40代で妊娠する人も珍しくありません。

実際に40代で出産した人は現在では約5万件。

この数字は1980年と比較してみると6.6倍も増加しているそうです。

40代では妊娠しにくいとも言われていますが、それでも多くの人が無事に妊娠・出産されていることがわかりますね。

しかし、だからと言って40歳を過ぎても誰でも妊娠できるというわけではありません。

20代や30代前半に比べ、35歳を過ぎると次第に妊娠しずらくなっていきます。

最近では40歳を過ぎて不妊治療を始める女性が増えていて、不妊治療を受ける夫婦の割合も近年増加傾向にあります。

40代の自然妊娠率は?

40代 自然妊娠率
自然妊娠率は30歳後半になるとどんどん下がっていきますが、40代へ入るとさらにぐっと下がります。

40歳で自然妊娠する確率は1周期あたり約5%と言われています。

そして45歳ともなると、さらに低く1周期あたりの自然妊娠率は約1%になります。

かなり厳しい数字ですね。

ちなみに20代女性では25%~30%、30代前半では25%~30%、30代後半では10〜18%のようです。

自然妊娠は年齢が上がるほどに難しいとされていて40代の自然妊娠率はとても低いことがわかりますね。

このように数字で見ると、40代での自然妊娠は奇跡的なものに近いのかもしれません。

40代の体外受精での妊娠率は?

40代 体外受精での妊娠率
体外受精になると自然妊娠よりも妊娠できる確率は上がります。

しかし、それでも40代になるとそれほど高くはなく10%ほどです。

45歳以上になると体外受精を行っても妊娠できる確率は5%を切り限りなくゼロに近づきます。

体外受精での全体の妊娠率は約30%~35%で、20代女性だと50%~60%という高い数字となるため、やはり40代になると体外受精でも妊娠率はかなり低下してしまいますね。

ある病院のデータによると、体外受精を受ける年齢の平均は39歳で42歳が最も多かったようです。

40歳前後になると自然妊娠や人工授精での妊娠は難しいと感じ、体外受精に切り替える人も多いということです。

それでも体外受精の妊娠率は年齢とともに低下していきますので、早めに治療を行うことが妊娠へのカギとなってきます。

40代の流産率は?

40代 流産率
40代から妊娠率は下がる一方ですが、それとは逆に流産率は上がってきます。

40歳で流産してしまう確率は1回の月経周期あたり約40%で、45歳になると約50%と言われています。

40代女性10人の内、4〜5人が流産してしまうということになるんです。

これはかなり大きな数字と言えますよね。

35歳~39歳の1周期あたりの流産率は約20%なので、40歳になるといきなり上がることがわかります。

40代からの流産率が上がる原因は?

40代 流産率 原因
流産してしまう原因として1番多いのが染色体異常で、染色体異常の赤ちゃんを妊娠してしまう原因の1つに卵子の老化があります。

女性の年齢が上がれば上がるほど卵子は老化していきますので、質の良くない、染色体異常のある卵子が増えてしまうのです。

染色体異常のある受精卵のほとんどが着床できませんし、たとえ着床できたとしてもママのお腹の中で長く生きられないため、結果的に流産してしまうということになります。

40代での妊娠がどれだけ難しいことかがわかりますね。

40代での高齢妊娠と聞くと、母体への負担や胎児の障害のリスクなどがあげられますが、まず妊娠できるかどうかなんです。

しかも1度流産をしてしまうと、すぐに妊活を再開できるわけではなく、体や子宮の状態が元に戻るのを待って、回復したら妊活再開となります。

40代で妊娠への焦りがある中での妊活や治療のお休みはかなり悔しいですが、まずは自身の体の状態を戻さないと次の妊娠につなげることも難しくなってしまいます。

流産の原因にはストレスも関係してきますので、あまり焦らずにここは「妊娠するための大切なお休み期間」と気持ちを切り替えてゆっくりと過ごすことも大切です。

40代になると1年がとても貴重です

40代 妊娠
40代女性の妊娠率や流産率から見ても、妊娠・出産するのはなかなか厳しいということがわかります。

しかし、それでも多くの人が無事に妊娠・出産しているのも事実なんです。

40代でも40歳と45歳では妊娠率に大きな差があるため、40代での1年はとても貴重であることを理解しましょう。

女性が40代で赤ちゃんを望んでいるのでしたら、早めの治療が必要となります。

また、治療方法もタイミング法や人工授精をとばしていきなり体外受精にチャレンジするのも1つの方法となります。

タイミング法や人工授精で妊娠できる人もいますが、40代ですとその確率はとても低いため、少しでも妊娠率の高い体外受精を行った方が早く妊娠する可能性は高まりますし、何より貴重な時間を無駄にしなくてすみます。

しかし、治療方針を決めることはとても大切なことですから夫婦でよく話しあい、医師とも相談し、リスクなどもよく理解してから治療を進めていくことが大切です。

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク