高齢妊娠はリスクが高いと言われていて、中でもダウン症の赤ちゃんを出産する確率が若い人に比べて高くなると言われています。

ここではダウン症とはどのようなものなのか?原因や検査方法などを詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク



ダウン症とは?

ダウン症とは?
近年では高齢での妊娠が増えたためダウン症の出生率が過去に比べ倍増しています。

ダウン症の正式名は「ダウン症候群」と呼び、染色体の突然変異で起こります。

ダウン症の90%~95%を占めているのが、「標準型(21トリソミー)」というもので21番目の染色体が1本多くなることで発症します。

そしてダウン症の1~3%は「モザイク型」と呼ばれるものです。

モザイク型は21番目の染色体に正常な細胞とトリソミーの細胞が混在することにより起こります。

「標準型(21トリソミー)」と「モザイク型」は、両親の染色体は正常のため、たまたまその時の受精卵の染色体に異常があって赤ちゃんが成長できなかったというだけで、誰にでも起こり得るものなのです。

そしてもう一つダウン症には「転座型」と呼ばれるものがあるのですが、これは全ダウン症の5~6%に起こります。

転座型の半分は両親の染色体は正常で染色体の不分離によるものですが、残りの半分は親のどちらかに均衡型転座が見られる遺伝性のものになります。

夫婦のどちらかに均衡型転座の染色体異常がある場合には、胎児の染色体異常の発生率が高くなり、流産を繰り返すことになるため不育症の原因にもなっています。

ダウン症の赤ちゃんは母体の中での環境が良くないと流産しやすくなるため、無事に生まれてきた子は強い生命力を持った子供ということなんです。

高齢でダウン症児を妊娠する確率

ダウン症 妊娠 確率
ダウン症は染色体の突然変異で起こるため、どの年代であっても発症する可能性はあります。

しかし、母親の年齢が上がるほどダウン症児を発症する確率も高くなるようです。

check-t11ダウン症児を妊娠する確率

母親が20歳の場合・・・1600人に1人
母親が30歳の場合・・・900人に1人
母親が35歳の場合・・・350人に1人
母親が40歳の場合・・・100人に1人
母親が45歳の場合・・・30人に1人

これを見てもわかるように、ダウン症児を妊娠する確率は母親の年齢に大きく関係しています。

染色体異常のある胎児は、妊娠してもお腹の中で成長することが難しく、出産前に流産してしまうケースが多くあります。

そのため、実際にはこの数字よりも発症する確率は多いと考えられます。

45歳にもなると30人に1人の確立ですから、かなり高確率で発症することになりますね。

高齢でダウン症児を妊娠する原因

ダウン症児 原因
年齢が上がるにつれて染色体異常を起こしやすくなる原因は「卵子の老化」が大きく関係しているようです。

女性の場合、出生した時に一生涯の卵子を卵巣の中に持っていてその卵子を保管しながら排卵していきます。

そのため女性の年齢が35歳を過ぎたくらいから卵巣の中で保管されている卵子の遺伝情報が損傷しやすくなり、染色体異常を持った卵子ができやすくなってしまうのです。

しかし、高年齢で妊娠・出産するからといって必ずしもリスクが伴うわけではありません。

確かに高齢出産だとダウン症児の出生率が高まるのは事実ですが、20代でダウン症の子供を授かる人もいれば、40歳でも何の障がいも持たない子供を授かる人だっているんです。

 女性が高齢の場合はダウン症の検査をするべき?

ダウン症検査 するべき?

お腹の中の胎児に染色体異常(ダウン症)があるかどうかは検査で調べることが可能です。

前述したように、女性の年齢が高齢になるほどダウン症児を妊娠する確率は高くなりますので、あらかじめ胎児の状態を知っておきたいという人も多く、多くの人が行っている検査になります。

また、高齢女性の場合は医師から検査をすすめられることもあります。

しかし、この時期にできる検査だからといって軽い気持ちで受けるのはやめましょう。

検査にはリスクも伴います。

夫婦でよく話し合って決めることが大切です。

ダウン症を調べる検査とは?

ダウン症検査
ダウン症かどうかを調べる検査は4種類ありますが、多く行われている検査は母体血清マーカーテストと羊水検査になります。

母体血清マーカーテスト

母体の血液を採取して調べる方法で、血液中の3つの成分の値を調べるトリプルマーカーテストと、4つの成分の値を調べるクアトロテストがあります。

この検査は母体の血液を採取するだけなので胎児には何の影響もなく、簡単に行える検査となります。

検査が可能な時期は妊娠15週~21週ですが、検査結果によって羊水検査も受けることを考えると妊娠17週までには受けることをおすすめします。

結果は2週間ほどでわかります。

検査の結果は確定されるものではなく、確率であらわされます。

そのため、精度は約85%で、必ずしも検査結果が正しいわけではありません。

「検査でダウン症の確率が高いと出たけど実際に出産したらダウン症児ではなかった」またはその逆で「ダウン症児の確率は低いと出たけど実際はダウン症児だった」ということも全体の約15%であるようです。

検査費用は病院によって違いますが1万~3万円です。

羊水検査

母体の羊水を採取して胎児の細胞を調べる検査になります。

羊水検査は妊娠15週~18週ごろに受けることができ、約2週間で結果がわかります。

羊水検査の精度は約99%なので、お腹の中の胎児がダウン症児かどうかをほぼ確定することができます。

この検査では母体のお腹に針を刺して子宮内の羊水を採取するのですが、母体の体と子宮に傷をつけてしまうため、感染症のリスクもありますし、わずかですが赤ちゃんを流産してしまうリスクもあります。

そのため、まずは母体血清マーカーテストやNIPTを受けて、その結果によって羊水検査をするかどうかを考える人も多くいます。

検査費用は10万円~15万円です。

絨毛検査

胎児の細胞からできている絨毛を採取して調べる検査で、妊娠12週~14週に行うことができます。

この検査は羊水検査と同じように、針を母体に刺して採取する方法と膣からカテーテルを挿入して絨毛を採取する方法とがあります。

精度はかなり高く、約99%なのでほぼ確定診断することができます。

費用は10万円~20万円です。

絨毛検査はわずかですがリスクも伴い、流産率は約1%です。

新型出生前診断(NIPT)

新型出生前診断は2011年にアメリカで始まったまだ新しい検査方法です。

この検査は母体の血液を採取して遺伝子情報を調べることで胎児に染色体異常があるかどうかを知ることができます。

母体の血液を採取するだけなので、胎児には影響もなく比較的簡単に行える検査となります。

母体血清マーカーテストよりは精度は高いですが確定はできないため、検査結果によっては羊水検査を行う人もいます。

妊娠10週~16週頃に受けられ、費用は約20万円かかります。

 検査を受けるかは夫婦でよく話し合うことが大切

ダウン症検査 話し合う
特に女性が高齢の場合はダウン症検査を受ける人は多くいます。

お腹の中の胎児の状態をあらかじめ知ることはどういうことかを夫婦でよく話し合っておくことも大切です。

検査をしたことで問題がなかった場合は安心して出産までを過ごすことができますが、検査結果に問題があった場合のことも想定して夫婦でよく考えておく必要があります。

もし異常が見つかったとしても大切に育てると決めているのであれば検査をする必要はないかもしれませんが、あらかじめ結果を知っておくことでその準備を整えておきたいという夫婦もいます。

結果に問題があった場合、夫婦によっては中絶を選択するケースもあります。

どれが正しいというわけではなく、もし検査を受けるのならば、どのような結果であれ夫婦2人で決めていくことが何よりも大切です。

ダウン症の検査にはリスクが伴うものもありますので、気になることがあれば医師に相談して検査を受けるかどうかを決めていきましょう。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク