高齢男性 リスク
高齢でリスクがあるのは女性だけではありません。

男性でも高齢の場合は不妊の原因になることも珍しくないからです。

ここでは男性が高齢の場合の妊娠のリスクについてご紹介していきます。

スポンサーリンク


男性が高齢の場合のリスク

高齢男性 リスク

生殖機能の低下

男性も女性と同じように、年齢が上がるとともに生殖機能が低下していきます。

いわゆる「精子の老化」です。

男性も高齢になるにつれて精子の量が減ったり、運動率の高い精子が作りにくくなっていくということはあります。

しかし、男性の精子は毎日新しいものが生産されています。

そのため、女性ほど加齢による影響が生殖機能の低下に表れるということはないようですが、その可能性はゼロではないんです。

やはり少なからず加齢が影響している部分もあります。

少しでも元気な精子が生産されるように毎日の生活習慣を整えて、健康に過ごすことを心掛けましょう。

染色体異常

男女ともに高齢の場合は、染色体異常による先天的な障害を持つ赤ちゃんを妊娠してしまうというリスクが高くなります。

実際に20歳の男性と比べると40歳の男性の場合は、染色体異常などの先天性の病気を持った赤ちゃんを妊娠する確率が約2.5倍も増えるそうです。

女性が高齢の場合はダウン症などの染色体異常の赤ちゃんを妊娠しやすいと言われていますが、男性側が高齢の場合は新生児自閉症や小人症などの赤ちゃんを妊娠する可能性が高くなります。

自閉症の子供が生まれる可能性は男性の年齢に大きく影響しているようで、特に40歳以上の男性は20代の男性と比べると、自閉症の子が生まれる確率が6倍も高いという報告があります。

その他

その他にも父親の加齢に伴い、流産率や妊娠高血圧症候群、低体重児、統合失調症などが増加するとも言われています。

特に男性が高齢の場合、自閉症、統合失調症のような脳機能障害を持つ赤ちゃんが生まれる確率が上がるようです。

 

これらのことから、高齢妊娠のリスクは女性だけではなく男性にも影響することがわかりますね。

そのことをしっかりと理解して、女性だけではなく男性も高齢の場合は一緒に不妊検査を受けることをおすすめします。

女性が高齢であることばかりに目を向けず、男性が高齢の場合でもそのリスクをしっかりと理解したうえで、不妊治療や妊活を進めていきましょう。

 男性不妊は意外と多い!?

男性不妊 多い?
不妊の原因はWHO(世界保健機構)の調べによると、原因が女性のみにある場合が41%、男性のみにある場合が24%、男女両方にある場合が24%、原因不明が11%となります。

なんと男性側に問題があるの場合は48%と約半数なんです。

不妊症は女性が原因と思っている人も多いようですが、実は男性側に原因があることも多いため、なるべく早い時期に男性も検査を受けることが必要です。

不妊において男性が受ける検査は基本、精液検査のみとなります。

女性は何種類もの検査が必要ですが、男性は精液検査を行えばいいので面倒臭がらずに早めに受けに行きましょう。

男性が高齢でも妊娠することは可能?

高齢男性  妊娠可能?
女性の場合は年齢が大きく不妊に関係し、年齢が上がれば上がるほど妊娠しずらくなっていきます。

では男性の場合はどうなのでしょうか?

男性の場合、精子の生殖能力は年齢が上がるとともに低下していく傾向はあります。

しかし、精子自体は毎日新しく造られているため、重度の原因がないのであれば男性が高齢の場合でも妊娠することは十分可能です。

男性の場合は、70代や80代になっても赤ちゃんができたという報告がいくつもあります。

健康で生殖機能もあまり衰えていない男性ほど、高齢になっても赤ちゃんを授かっているようですね。

精液検査をすることでわかること

精液検査 わかること
精液検査では精液の状態を知ることができます。

この検査によって、精子の数が少ない乏精子症、精子の運動率が低い精子無力症、そして精子の奇形率の高さまでわかります。

その結果の程度によって自然妊娠が可能か、男性に対する治療が必要か、または体外受精や顕微授精も考えなくてはいけないかなどが検討されます。

もし男性側に原因が見つかれば、女性も必要のない検査を受けずに済みます。

 不妊治療は男性の協力が不可欠です

不妊治療 夫婦の協力
精液検査で「異常なし」となれば男性側には問題はないということなので、女性が主に検査、治療を受けることになります。

不妊治療では期間が長くなればなるほど女性側の身体的・精神的負担は大きなものになります。

男性はそのことを理解して夫婦で協力し合い、男性は女性を常にサポートしていく必要があります。

中には男性側が精液検査を拒否しているケースも多いようですが、その場合は妊娠に至る夫婦は少ないようです。

精液検査を拒否することは、不妊治療を進めることもできずスタートすらできません。

男性もきちんと検査を受けることはその第一歩でもあり、これから夫婦で不妊治療を進めていくにあたりとても重要なことなんです。

そうは言っても嫌がっている男性に無理に検査をさせるのは夫婦関係が悪くなってしまったり、余計に妊娠を遠ざけてしまうことにもなりかねませんよね。

どうしても男性が精液検査を拒否する場合は、フーナーテストである程度代用することが可能です。

フーナーテストとは、性交を行ったあと女性の子宮の中の精子の状態を調べる検査です。

しかし、フーナーテストはその日の体調や時間帯によっても結果が変わるため、1回の検査では判断できず数回行って総合的に判断することが多いんです。

特に問題がなくても、その時の体の状態でたまたま結果が悪く出る時もあるため、フーナーテストをあまり重要視していない医師もいます。

このことを考えると、いかに男性の精液検査が重要なことがわかりますね。

 
 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク