妊娠可能年齢 いつまで?
現代では女性の社会進出や晩婚化によって高齢での妊娠・出産が増えています。

高齢でも妊娠・出産できる人はたくさんいますがやはり問題は年齢の壁。

女性は年齢を重ねるに従い、どんどん妊娠しにくくなっていくのも事実です。

女性が妊娠できる可能な年齢はいつ位までなのでしょうか?

スポンサーリンク


妊娠可能な年齢は何歳まで?

妊娠 いつまで?
女性の生殖能力のピークは20代です。

そのためピークを過ぎると少しずつ妊娠しにくくなってきて35歳以上になると高齢妊娠と言われるようになり、若い時に比べて多くのリスクも伴ってきます。

体外受精の妊娠率で見てみても20代では50%~60%という高い確率で妊娠していますが、40歳以上になると妊娠率は10%にまで低下します。

このことから一般的には妊娠できる可能年齢は45歳くらいまでと言われています。

しかし、45歳以上の女性は妊娠を諦めなくはいけないわけではありません。

女性の場合、閉経するまでは妊娠する可能性がゼロではなく、実際に45歳以上でも妊娠できた人もいますし、50歳で妊娠した人もいる位です。

妊娠可能年齢の目安としては45歳くらいまでですが、45歳以上でも妊娠する人はいるわけですから、閉経するまでは絶対に不可能とは言えません。

生殖機能は年齢を重ねるごとに低下していきますが、やはり個人差があり40代で生殖機能が低下して不妊治療をしてもなかなか妊娠できない人もいれば自然妊娠で赤ちゃんを授かる人もいます。

まずは、不妊専門病院で一通りの検査を行い、その結果によって医師と相談しながらこれからのことを考えていくといいと思います。

高齢なら体外受精が効率的?

高齢 体外受精
高齢だから・・・と妊娠を諦めることはありません。

年齢が若い人でも妊娠しにくく不妊治療に通っている人は多くいますし、高齢だから不妊治療に通わなくてはいけないというわけでもないからです。

高齢になると卵子の質の問題やリスクも増えるため、若い頃に比べて妊娠しにくくなるのは事実ですが、妊娠率を高める治療法はあります。

体外受精や顕微授精は昔に比べて実施する人が増え、今では不妊で悩んでいる人の多くが選択している治療法です。

そして、体外受精や顕微授精はタイミング法や人工授精に比べて妊娠率も高いため、高齢の女性でも妊娠できる可能性が高まります。

そのため、高齢女性(特に38歳以上)はタイミング法や人工授精の過程を飛ばし、いきなり体外受精に挑戦する人も少なくないんです。

年齢が上がれば上がるほど妊娠率が低下する傾向にあるため、高齢女性の場合は時間が勝負のところもあります。

そのため、この方法は1つの正しい選択かもしれませんね。

不妊検査の結果により、夫婦で相談してお互いが納得する治療方針で進めていきましょう。

 高齢妊娠できない原因は?

高齢 妊娠できない理由
高齢の女性になると妊娠率が低下し、妊娠しずらくなると言われています。
その原因としていくつか考えられますので、ここでは高齢妊娠できない原因をご紹介してきます。

卵子の老化

「卵子の老化」という言葉は、最近テレビや雑誌などでもよく取り上げられているので1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

女性の卵巣の中には原始卵胞があり、出生した時にはすでに卵巣に保管されています。

この原子卵胞は年齢を重ねるごとにどんどん数が減っていき、数だけではなく卵胞の質も低下してきます。

卵胞の質が低下してくると染色体異常を持った卵胞なども増えてくるため妊娠しくくなってくるのです。

また染色体異常の卵胞は受精、着床できたとしても、そのほとんどが途中で成長が止まり流産してしまうという結果になります。

子宮内膜の劣化

年齢を重ねると卵子の老化と共に、子宮内膜も劣化してきます。

子宮内膜は、受精卵を着床させるために厚みのあるフカフカな状態を作らなくてはいけません。

しかし子宮内膜が劣化してしまうと、着床しやすい良い状態の子宮内膜が作られず、妊娠しずらくなってしまいます。

子宮筋腫

子宮筋腫は高齢女性に限らず、どの年代の女性でもなる可能性はあり、大きさも大きなものから小さなものまで様々です。

しかし子宮筋腫は年齢が上がるとともに大きくなっていくため、若い頃は筋腫が小さくて気づかなくても、徐々に大きくなって35歳以上になって症状がでてきてから産婦人科を訪れる女性も多いようです。

子宮筋腫は放っておくと不妊症の原因となり高齢での妊娠を妨げてしまいます。

早期閉経

通常、女性の閉経は40代後半くらいからと言われています。

しかし、女性の中には出生時から卵巣に保管してある原始卵胞の数が少なく、30代後半や40代前半で閉経してしまう人もいるんです。

自分の原始卵胞のだいたいの数を知る方法としてAMH(抗ミュラー管ホルモン)の検査を行うことができます。

血液を採取するだけで誰でも行うことができ、病院によっては基礎検査の中に含まれているところも少なくありません。

子宮がん・卵巣がん

子宮がんや卵巣がんを発症する頻度は35歳後半くらいから増えていきます。

そして40代に入ると、発症数はさらに増えます。

子宮がん・卵巣がんになると妊娠する機能は低下しますし、何より不妊治療をお休みしないといけません。

このようなことが起こらないように、定期的に検診を行うことが重要となります。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク