卵子の老化の原因
「卵子の老化」という言葉をみなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

「卵子の老化」は女性の加齢とともに起こる大きな問題となっています。

ここでは卵子の老化について原因をご紹介していきます。

スポンサーリンク


卵子が老化する原因は?

卵子の老化 原因
いくら外見が若くても卵子は実年齢よりも若くはなりません。

なぜなら、女性は出生した時に一生涯の卵子を卵巣の中に持っていてその卵子を保管しながら排卵していくからです。
毎日新しい精子が作られている男性とは違うんですね。

卵子の元となる原始卵胞は胎児の時には500万個ほどあるのですが思春期になる頃には10万個ほどに減少。
さらに20歳になると1万~3万個にまで減ってしまいます。

このように卵子の老化には「年齢とともに卵巣内の卵子が減ること」が関係していると考えられます。

そして、もう一つ卵子の老化に関係しているのが「残っている卵子の質が低下すること」です。

特に女性の年齢が35歳を過ぎたくらいから卵巣の中で保管されている卵子の遺伝情報が損傷しやすくなります。

そうなると、発育に関わる器官などに異常が現れやすくなり、染色体異常を持った卵子ができやすくなってしまうのです。

染色体異常のある卵子のほとんどは着床することもできません。

中には受精、着床できる卵もあるのですが、母体の中で長く生き続けることができなく、のちに流産してしまう人が多いです。

染色体異常のある赤ちゃんは、ほとんどの場合生まれてくることすらできませんが、生まれてくるその数少ない例外として知られているのがダウン症です。

 
 

このようなことから、卵子の老化は妊娠率の低下や流産率の上昇、またはダウン症児の妊娠率に大きく関係していることがわかります。

卵子が老化する原因をまとめると、

 
①年齢とともに卵巣内の卵子が減るから
②年齢とともに残っている卵子の質が低下するから
 

これに加え、子宮や卵巣の病気、過剰なストレス、偏った食生活、体の冷えなども卵子の老化を加速させる原因となるので注意しましょう。

外見は若くても卵子の老化は止まらない

卵子の老化は止まらない
現代の女性は30代後半、40代になっても外見が若々しく、昔とはファッションも行動も全く違います。

また、最近では「美魔女」と称し、40代・50代でも「20代後半~30代前半にしか見えない」とテレビや雑誌などでももてはやしています。

しかし、どんなに外見が若く美しくても卵巣状態は少しずつ衰えてきていて、それは昔も現在も変わりません。

それどころか古い統計と現代を比べてみると、昔の女性の方が生殖能力が強く、年齢が高くても出産できていたようです。

30代後半~40代でも妊娠できると思っていた人、結婚が遅かった人が不妊治療クリニックに助けを求める光景は今では決して珍しくないものになりました。

卵子の老化についての誤解

卵子の老化 誤解
「生理があれば妊娠できる」「排卵があれば妊娠できる」と思っている人は意外と多く、これが多くの女性に蔓延している大きな誤解の1つとなっています。

日本人女性の閉経平均年齢は51歳と言われています。

そうなると、40代後半までは妊娠が可能と思う人もいると思いますが、卵巣の機能低下は30代前半から始まっています。

卵巣から排卵はしていても、卵子の質はどんどん下がってきているのです

その変化のカーブは直線ではなく、35歳くらいから急激に低下していき、40歳前後を境にいっきに下がります。

日々新しく作られる精子とは違い、卵子は新しく作られることはなく、まだ生まれる前(胎生20週頃)にピークを迎え、あとは減り続けるのみです。

卵子の保存期間が長くなればなるほど卵子は老化していくんです。

20代と40代とでは同じように排卵していても、40代女性が排卵される卵子の質はずいぶんと老化が進んでいることになりますね。

「卵子の老化」を知ることが大切です

卵子の老化を知る
卵子の数や質は女性の外見に関係なく実年齢と同じように老化していきます。

このことを知らない女性も多くいるため、「今は子供を産むことよりも仕事を優先したい」と考える人もいるんですね。

現代は女性の社会進出も増えているため、仕事の状況によって「どうしても今は妊娠できない」ということもあるかもしれませんが、年齢を重ねるごとにどんどん妊娠しずらくなるということは理解しておかなくてはいけません。

しかし、卵子が老化すると妊娠できないというわけではないので、そこは勘違いしないようにしましょう。

実際に35歳以上や40代でも妊娠している人はたくさんいます。

 
卵子の老化は止められませんから、35歳を過ぎてから「赤ちゃんが欲しい」と思った時にはすでに妊娠しずらい体になっていて、「何でもっと早く妊活をしなかったんだろう」と後から後悔することのないようにしましょう。
 

「本格的な治療はまだ早いからもうしばらくは最低限の治療をやりたい」とタイミング法や人工授精などを長期間続けているうちに、ある時期を境に排卵がなくなってしまい不妊治療自体を断念することになってしまったという人も実際に何人もいます。

このようなことだけは起こらないように、女性の年齢が高い場合は夫婦でよく話し合って今後の治療方針を考えていくことが大切です。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク