卵子の質の低下
最近、多くのメディアや雑誌などでも「卵子の老化」が多く取り上げられていますので、知っている人も多いかと思いますが、女性の子宮の中に保管されている卵子は量だけだはなく、質も女性の年齢が上がるにつれて落ちていく傾向にあります。

ここでは、卵子の質が低下するとどのようなことが起こるか?卵子の質が低下しても妊娠可能なのか?について詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク


加齢による卵子の質の低下

卵子の質 低下
卵子は精子のように毎日新しいのが作られていくのとは違い、出生した時にはすでに原始卵胞という形で卵巣の中に保管されています。

そして毎月排卵が起こるたびに、卵子は原始卵胞から定期的に排出され精子と受精する機会を待っているんです。

卵巣の原始卵胞は新しく作られるわけでも増えるわけでもなく減っていく一方となります。

原始卵胞の数は年齢とともに徐々に減っていき、胎児では約500万個あった原始卵胞は思春期になると約10万個、さらに20歳になると1万~3万個にまで減ってしまうんです。

原始卵胞の数は年齢を重ねるごとにどんどん減り、数だけではなく卵胞の質も低下してきます。

そのため、いくら外見が若く、綺麗にしていても卵胞の状態を変えることはできなく、実年齢が上がれば卵胞の数も質も低下してしまうのはどうすることもできません。

生まれてから20年待ってから排卵される卵胞と40年待ってから排卵される卵子では質が変わってくるのは当然かもしれません。

女性は20代の卵胞が最も生殖に適していますので、ピークが過ぎて生殖能力が低下した卵胞では妊娠率も落ちてしまうんですね。

卵子の質が低下するとどうなる?

卵子の質の低下
老化した質の悪い卵胞は染色体異常を起こしやすいという特徴があります。

例え老化した卵子が受精して着床できたとしても、染色体異常のある卵はお腹の中で長く生きられないことが多いため流産してしまうんです。

年齢が上がるごとに流産率が高くなるのはそのためです。

現代の女性は晩婚化が進んでいて、生殖能力のピークを過ぎてから結婚する人が増えています。

そのため、なかなか赤ちゃんができないと悩んでいる夫婦は多く不妊治療に通ったり、妊活をして妊娠を待ち望んでいるんです。

一生のうちで排卵する卵胞の数

卵子の数
卵巣の中には多くの卵胞が保管されていますが、1回の排卵をするために準備を始める原始卵胞は20個ほどと言われています。

実際に排卵が起こるまでにこの20個ほどの卵胞が成長を続けるのですが、最終的に残るのは一番大きく育った主席卵胞になり、その1個が排卵されます。

 
そう考えると、この主席卵胞はまさに奇跡の卵と言ってもいいほどたくさんの中から選ばれた1つの卵胞なんですね。
 

実際に主席卵胞となって排卵される卵胞は一生のうちで400~500個と言われています。

ちなみに初潮から閉経するまでを40年と考えると、1年で10個~12個の卵胞が排卵されていることになりますから月経周期とも重なり、やはり1ヶ月に1個排卵されるという考えになります。

誰も教えてくれなかった「卵子の老化」と「卵子の減少」

卵子の老化 卵子の減少
卵子の老化については最近、さまざまなメディアでも取り上げられるようになりました。

現代は夫婦の6組に1組が不妊と言われていて、「卵子の老化」が原因の不妊が増えています。

これは今まで卵子が老化すという事実を教えてもらう機会がなく、多くの女性が「生理があるうちはいつでも妊娠できる」といった誤った考えが蔓延していることが背景にあります。

卵子は年齢とともに老化していきますが、それと共に減少もしています。

20代の若い夫婦に比べて、30代後半から妊娠が難しくなるのは「卵子の老化」と「卵子の減少」が影響しているからなんです。

これは生理的な現象で、避けることのできない事実です。

それでも35歳以上~40代でも妊娠は可能です!

35歳、40代 妊娠可能
ここまで、年齢が及ぼす妊娠への影響を長々と書き、不安に感じた人も多くいることかと思います。

しかし、確かに年齢が上がるとともに卵子の質は低下し、卵子の数も減少するのですが、質は全ての卵子で均等に落ちるわけではありませんので、「年齢が高いからもう妊娠できないんだ」と悲観的になることはありません。

 
35歳以上、40代の女性の卵巣にも妊娠可能な卵子は数多く存在しているんです。
 

ある病院では意外にも自然妊娠、もしくは自然に近い形で妊娠している人の中心が35歳~40歳であるという事実があります。

若い女性に比べると多少妊娠しずらいということは事実ですが、まだまだ諦めることはないんです。

まずは自分の体、子宮の状態を知ることから

自分の子宮を知る
まずは不妊検査をして自分の体や子宮の状態を知ることが必要です。

「絶対に自然妊娠でなければいやだ!」という姿勢ではなかなか妊娠は難しいかもしれませんが、検査を行って何らかの原因が見つかれば、その原因に対する治療を行ったり、生活改善するなどの工夫をすることが大切になってきます。

自分の体の状態を知ること、そして自分に合った環境を取り入れることで妊娠をぐっと近づけることができるんです。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク