年齢別 流産率
35歳から妊娠率が下がると共に流産率は上がっていくと言われていますが、30代後半と40代を比べてみても違いがあることがわかっています。

ここでは35歳以上の流産率と40代の流産率の比較、また流産を回避する方法などを詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク


 35歳~39歳の流産率

35歳以上 流産率
高齢に限らず、全妊娠の中で流産してしまう確率は意外に高く約15%の割合で起こります。

年齢が若くても流産するときはなってしまうということです。

しかし、やはり流産する割合を年齢別に見ると大きく違ってくるのがわかります。

35歳を過ぎると流産率は徐々に上がり始め、35歳~39歳になると流産率は約20%に上がります。

最近は芸能人でも35歳以上の高齢妊娠が多く、テレビなどでもよく取り上げられているので、自分もまだまだ妊娠可能と思っている人も多いのではないでしょうか?

そのため、35歳以上になっても結婚を急がない人も多いようです。

しかし、いつでも子供が作れると思っていては、手遅れになる可能性もありますので要注意です!

35歳以上になっても妊娠できる人もいますが、卵巣や子宮は年齢を重ねるとともに確実に衰えていっています。

この流産率をみてもわかる通り、35歳を過ぎると質の良い卵子ができずに流産を引き起こしてしまうことも若いころに比べると多くなるんですね。

40歳以上はさらに流産率が上がります

35歳を過ぎると徐々に流産率が上がってきますね。

では、40歳以上になると流産率はどのように変わっていくのでしょうか?

なんと40歳になると流産率は約40%に上がります。

同じ高齢妊娠にしても35歳後半と40歳とでは流産率もかなり変わってくることがわかりますね。

さらに43歳になると流産率は約45%、そして45歳だと約50%まで上がってしまうんです。

年齢による流産の大きな原因は「卵子の質の低下」にあります。

赤ちゃんを望んでいるのでしたら、1年でも早く妊娠することを意識しなけれないけないということですね。

高齢での流産を少しでも回避する方法はある?

流産 回避方法
年齢が上がるほど妊娠率は下がり、その一方で流産率は上がるとされていますが、日常を少しでも意識することで流産を回避できる場合もあります。

☆染色体異常が原因の場合

流産のほとんどは染色体異常により起こる場合が多いです。

しかし、染色体異常のほとんどが自然に起こるもののため流産を回避することはできません。

染色体異常と聞くと、「何か自分の遺伝に問題があるのでは?」と不安に思う人もいますが、そうではなくて、たまたまその時の受精卵の染色体に異常があって赤ちゃんが成長できなかったというだけで、高齢女性に限らず20代女性でも誰にでも起こり得るものなのです。

そのため、残念ではありますが染色体異常が原因の流産は仕方のないことと思い、自分を責めるのはしないことです。

☆子宮筋腫が原因の場合

子宮筋腫は良性の腫瘍のことで不妊の原因の1つなのですが、流産の原因になることもあります。

子宮の形態に異常があると、子宮内の血液の流れが悪くなるため胎児は十分な栄養がもらえず発育に障害が生じると考えられます。

また、子宮内に筋腫があることにより、子宮内部の表面が凸凹になってしまい着床しずらく、たとえ着床できたとしても流産しやすくなってしまうんです。

子宮筋腫がある人の6~7割は自覚症状がないため気づきにくく、いつの間にか不妊や流産しやすい体になっているということがあります。

子宮筋腫などは定期的にチェックしてもらうことで事前に流産を回避することができます。

そして、妊娠や不妊に影響するような子宮筋腫が見つかった場合は、腹腔鏡手術か開腹手術で取り除くことも可能です。

 

☆糖尿病が原因の場合

糖尿病は生活習慣病とも呼ばれていて、生活習慣に大きく関わってきます。

糖尿病の妊婦さんは流産する確率も上がってしまうのですが、その理由として合併症が大きな問題となります。

糖尿病になると妊娠高血圧症候群を発症する可能性が高くなるのですが、妊娠高血圧症候群を発症すると子宮や胎盤に流れる血液量が減少してしまいます。

お腹の中の胎児は流れてくる血液により栄養を吸収しますので発育に大きく影響し、流産を引き起こしやすくなるんです。

高齢になればなるほど、このような生活習慣病になりやすくなるので、日頃から食生活や運動などにも気を遣うことである程度流産を回避することが可能です。

また、すでに糖尿病を患っている場合は血糖値を抑えるインスリンなどを投与し、流産を回避させましょう。

☆体の冷えが原因の場合

妊娠を希望する女性の大敵と言われているのが”体の冷え”です。

体が冷えることで子宮の筋肉が収縮してしまい子宮の血流が低下してしまいます。

これにより妊娠するために大切な子宮や卵巣などの生殖機能が低下してしまうため妊娠しずらく、また着床できたとしても冷えた子宮の中では胎児の発育に障害が生じることがあり、流産を招く可能性もあります。

体の冷えは妊娠の大敵ですので、このようなことが起こらないように、今のうちから冷えを改善させる努力をしておきましょう。

冷えを改善させるには食生活を変えたり、運動、ストレスの軽減、入浴などで徐々に効果が現れてきますので、これから生まれてくる赤ちゃんのために妊娠しやすく流産しにくい体作りをしていくことが重要となります。

 
 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク