高齢妊娠近年では女性が社会に出て活躍するようになったり、晩婚化により
女性が赤ちゃんを望む年齢は以前よりも上がっています。

しかし、このことが原因で赤ちゃんがなかなか授かることが
できない女性が増えているのも現実です。

ここでは高齢妊娠について詳しくご紹介していきます。

高齢不妊について

ダウン症を知る

卵子の老化を防ぐために

 
昔は20代前半から30歳までに初産を迎える女性が多かったのですが近年では、20代後半から40代前半で初産を迎える人が多くいます。40代でも妊娠できる女性は数多くいますが、35歳を過ぎると妊娠力がどんどん低下することを知っておくことはとても大切です。

不妊の定義は「健康なカップルが定期的に、避妊せずにセックスを行っているにも関わらず2年経っても妊娠に至らない状態のこと」と言われています。

しかし女性が35歳以上の場合は、2年も待っていたらますます妊娠しずらい体へと変わってきてしまいますので、1年、もしくは半年程で不妊病院への受診を考えても良いくらいです。

不妊治療を開始するにあたり、早すぎるということはありません。

早ければ早いほど妊娠できる可能性も高まります。

テレビや雑誌などで「卵子の老化」についてよく取り上げられていますが年齢が上がるとともに卵子や卵巣の状態はどんどん悪化し、妊娠しずらくなっていくのは事実なんです。

いくら外見が若い人でも、卵子や卵巣の老化を止めることはできないため赤ちゃんを望んでもなかなか妊娠に至らない場合は、少しでも早く病院で検査を行って、原因が見つかれば治療を開始してもらいたいと思います。

悩んでいる間にも、大切なものや貴重な時間を失うことのないようにしましょう。