人工授精はタイミング法で妊娠に至らなかった場合の次のステップアップの
治療法となり、フ―ナーテストの結果が良くなかった場合や軽度の男性不妊、
また射精障害や性交障害がある夫婦に行われることが多い治療法です。

人工授精となると自然妊娠ではなくなるということで、高額なイメージが
ありますよね?ここでは、人工授精の治療費をご紹介していきますので、
参考にしてみてください。

 

人工授精の治療費

タイミング法の特徴として保険が適用されるということがありましたが、
人工授精の場合は残念ながら保険が適用されません。

保険が適用されないことから一気に費用が上がるイメージがありますが
それでも体外受精などに比べると費用がかからず、それほど大きな負担に
なるようなことはないかと思います。

人工授精自体の費用は病院によって変わってきますが、10000円~30000円
という
設定のところが多いようです。

大学病院など公立の病院では8000円~15000円とやや安めの傾向があります。
個人の不妊専門クリニックなどでは、20000~30000円とやや高めの場合が
多いようです。

この費用は人工授精を実施した時にかかる費用であって、その他の診察、
超音波検査、血液検査、投薬などの費用はまた別にかかります。

人工授精で妊娠する人のほとんどが5回までで妊娠できています。
そのため、6回ほど行って妊娠に至らなければ、その後も人工授精で
妊娠できる可能性は低いと考えられるので、早めの段階で次のステップアップである
体外受精の治療を考えた方が良いかもしれません。

 

 

排卵誘発や超音波検査にかかる費用

人工授精での排卵誘発剤の投薬や注射のほとんどは保険が適用されます。

例えば、排卵誘発剤の「クロミッド」の飲み薬を使う場合は、1周期あたり
500円程度で、注射を使う場合でも、1回あたり2000円程度の負担となります。
人工授精後の黄体ホルモン補充も保険が適用されます。

また人工授精の場合、卵胞の状態をチェックするために超音波検査を
行っていきますが、この超音波検査も保険が適用されます。

しかし、超音波検査は保険が適用される回数が決められている病院も
あるようなので、かかりつけの病院に事前に確認しておくといいですよ。

このようなことから人工授精の場合でも排卵誘発剤やホルモン補充、
超音波検査などは保険が適用されることがわかりますね。

保険が適用されないのは、人工授精を実施する費用だけのようですから
総合的な費用はそれほど高額にならず、患者さんの大きな負担にならずに
すみそうです。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク