体外受精でもなかなか妊娠に至らない場合や重度の男性不妊がある場合は
顕微授精を行った方が妊娠率が上がるとされています。

しかし体外受精同様に顕微授精も安くはありませんので、事前に
夫婦で話し合って治療計画を進めていくことが大切です。

ここでは顕微授精の治療費をご紹介していきますので、是非参考に
してみてください。

 

顕微授精の治療費

体外受精にかかる費用は病院によっても異なりますが、1回につき平均で
1回につき40万円~50万円ほどかかります。

体外受精の場合、女性の卵子を一度外に出し、培養液の中で自然に精子と
受精するのを待ってから受精後に胚培養、移植という流れで進んでいきます。

体外受精と顕微授精の大きな違いは受精のプロセスとなります。
体外受精では体外に取り出した卵子と精子を培養液の中で自然の力で受精させて
いくのですが、顕微授精は人間の手により、ピペットと呼ばれる髪の毛のように
とても細い注射針で刺して1個の精子を卵子の中に注入するという方法です。

そのため顕微授精では受精法による高度な技術がかかるため体外受精よりも
5~10万円ほど
高く費用が設定されている病院がほとんどです。

顕微授精の治療費は病院によって異なりますが、平均で45万~60万くらい
かかると考えておきましょう。

顕微授精の費用は病院のホームページを見ると、記載されていることが多いので
事前に調べておくと夫婦でも治療計画も進めやすいのではないでしょうか。

しかし、ホームページには薬剤費や検査費用、凍結費用などの費用は
料金表の中に
含まれていないところも多いため注意が必要です。

ホームページに記載されている費用が総額だと勘違いして、いざお会計の時になって
記載額との違いにびっくりすることのないように、あらかじめ医師や看護師などに
内訳などを確認しておきましょう。

 

 

経済的な負担をどう解決していくべきか

体外受精・顕微授精となるとタイミング法や人工授精とは比べものに
ならないくらいの高額な費用がかかります。

赤ちゃんがなかなか授からないことでの精神的負担に加え、経済的な負担まで
かかってくると「いったいどこまで治療を続ければいいのか」と悩む夫婦も
少なくありません。

そのような夫婦に是非活用してもらいたいのが「特定不妊治療費助成制度」です。
この制度は体外受精や顕微授精にかかる費用を厚生労働省と自治体が
1回15万円まで支援してくれるという制度です。

少し前に制度が改正されて平成28年度から年齢制限(43歳未満まで)を
設けるようになりました。このことから、少しでも早く治療を開始することが
重要となってきます。

同じ制度でも都道府県によって条件や申請方法は異なってきますので、
申請する前に自分の住んでいる自治体に確認しておきましょう。

体外受精や顕微授精にかかる費用を考えると、この制度の助成金では
まだまだ不十分かと思います。

しかし少しでも経済的な負担が減って治療を続けられるように、
「特定不妊治療費助成制度」は積極的に活用していきましょう。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク