不妊治療を始める前に行うのが不妊検査。
不妊検査にはたくさんの項目があり、一つずつ調べていって不妊原因が
見つかれば、不妊原因を取り除く治療をしていきます。

初診検査では、問診や内診、超音波検査、血液検査などを調べていき
現在の体の状態を調べていきます。

検査にはほとんどの人が受ける基本検査と、より精密に調べる検査とがあり
人によって受ける検査の種類は変わってきます。

全ての検査が終了するまでに2~3ヶ月かかり、一度検査の開始時期を
逃すと次の月経周期まで検査できないこともあるため注意が必要です。

ここでは検査費用を一通りご紹介していきます。
自費検査に関しては病院によって料金設定が違うため、詳しい費用は
かかりつけの病院に確認しましょう。

 

不妊検査の費用

check14 基本検査

基本検査では超音波検査や血液検査などで卵巣、子宮、卵管に
異常がないかどうかを調べていきます。

round02-009 超音波検査(保険適用)・・・約1500円程度
(※保険適応は排卵誘発剤を使用した場合のみ月に2〜3回まで。
自然周期および誘発周期で4回目以降は自費で約2,000円)
round02-009 月経期の血中ホルモン検査(一部保険適用)・・・約3000円程度
round02-009 排卵期の血中ホルモン検査(保険適用)・・・約600円程度
round02-009 黄体期の血中ホルモン検査(一部保険適用)・・・約1000円程度
round02-009 頸管粘液検査(保険適用)・・・約300円程度
round02-009 フ―ナーテスト(保険適用)・・・約300円程度
round02-009 クラミジア検査(自費)・・・約5000円程度
round02-009 子宮卵管造影検査(自費)・・・約8000円~10000円程度
round02-009 卵管通気・通水検査(自費)・・・約1500円~12000円程度
round02-009 抗ミューラ管ホルモン(AMH)検査(自費)・・・約12000円程度

 

check14 精密検査

基本検査を行っても原因不明と診断されたり、さらに詳しい検査をして
ほしい場合に行っていきます。精密検査になると自費の場合が多く
費用も高額になる傾向にあります。

round02-009 子宮鏡検査(保険適用)・・・約3000円程度
round02-009 腹腔鏡検査(自費)・・・約10万円程度
round02-009 抗精子抗体検査(自費)・・・約7000円程度
round02-009 染色体血液検査(自費)・・・約30000円程度

 

不妊検査は種類によって費用がバラバラです。
保険適用の検査でしたらそれほど費用はかかりませんが、自費検査になると
費用も上がります。

また、自費検査は病院によって料金設定がバラバラなため、ここでは
参考程度にしておき、詳しい費用はかかりつけ病院のホームページを見たり
医師や看護師に直接聞いたりして確認しておきましょう。

また、不妊検査の保険がどこまで適用されるかは病院により違う場合も
多くあるようなので、こちらも事前に確認してから検査を行いましょう。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク