タイミング法は不妊治療の中でも、最初の段階で行う治療法で
費用も他に比べ、あまりかからないのが特徴です。

ここではタイミングの治療費をご紹介していきますので是非参考に
してみてください。

 

タイミング法の治療費

「不妊治療はお金がかかる」と言われていますが、タイミング法での治療ですと
それほど費用がかからず、生活費の中でもやり繰りしやすいと思います。

タイミング法の治療で行われるのは主に問診、超音波検査、血液検査、
投薬などです。

タイミング法に治療費があまりかからない理由としては、保険が適用されることに
あります。(一部は保険適用外になります)

たとえば、タイミング法では排卵日を予測してもらうのですが、そのために何度か行う
超音波検査は保険が適用されます。

また診察料や排卵誘発剤などの投薬も、保険が適用されます。
排卵誘発剤の投薬は、一番よく使われている「クロミッド」の場合、1周期に5錠の
服用で1ヶ月約500円。

排卵誘発剤の注射を打った場合も保険が適用されて、1日に2000円程度なります。

保険が適用されれば、全体の費用はそれほどかからなく平均で
月5000円~15000円くらい
と言われています。

タイミング法は通院回数や薬の使用の有無などにより費用は変わってきます。
たとえば、排卵に問題がある場合は超音波検査を数回行ったり、薬が
処方されたりするので費用が10000円を超えることもあります。

タイミング法を約半年ほど繰り返して、それでも妊娠に至らなければ人工授精へと
ステップアップしていきます。

 

 

自己流でタイミングを行う場合の費用

タイミング法は病院で超音波検査やホルモン検査をしてもらい、排卵日を
予測してもらった方がより確実ですが、中には病院へ通わずに自己流で
タイミング法を行う人もいます。

自己流の場合、基礎体温や排卵検査薬、または頸管粘液の状態などで
ある程度の排卵日予測をすることができますが、病院での指導に比べ
その正確性は欠けます。

自己流の場合は基礎体温計と排卵検査薬が必要となり、基礎体温計は
モノによって値段は様々ですが安いもので1500円くらいから売られています。

基礎体温計は1度購入してしまえば、何年か使うことができるので初回だけ
費用がかかるだけです。

そして排卵検査薬は市販で売られているもので7本入り約3000円から
4000円ほどになり調剤薬局などで購入することができます。

排卵日検査薬は1個が7本入りのものが多く、1周期で使い切ってしまうような
数なので毎月購入する場合がほとんどです。

自己流でタイミング法を行っても妊娠に至らなければ、何が不妊の原因が
あるかもしれないので、一度病院へ行って検査を行うことが重要です。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク