「不妊治療=高額」というイメージがあるため、なかな不妊治療に
踏み出せないという人も多いのではないでしょうか?

不妊治療の費用は、保険が適用されるかされないかによっても変わってきますし
病院によって費用が変わってきます。
また、治療期間によっても不妊治療に費やす費用がバラバラです。

ここでは、不妊治療を経験した人は一体どれ位の金額を使ったのかを
ご紹介していきます。

 

治療費の総額

●~49万・・・26.4%
●50万~99万・・・22.4%
●100万~199万・・・31.2%
●200万~299万・・・12%
●300万~499万・・・5.6%
●500万以上・・・2.4%

※回答者の平均年齢は34歳、妊娠時の治療法はタイミング法18%、人工授精16%、
体外受精21%、顕微授精45%です。

不妊治療総額の平均は140万円でした。
これは体外受精・顕微授精などの高度不妊治療を行った人が全体の60%を超えたため、
費用も高めになったわけです。

しかしタイミング法や人工授精の場合は1回1万~3万程度などで総額にしても
それほどかかりません。

不妊治療は治療が進むほど高額になっていきますので事前にどれ位の
費用がかかるかを調べてから治療を進めていきましょう。

 

 

体外受精での治療費総額

●~49万・・・3.7%
●50万~99万・・・48.1%
●100万~199万・・・25.9%
●200万~299万・・・11.1%
●300万~499万・・・7.4%
●500万以上・・・3.7%

 

体外受精となるとタイミング法や人工授精に比べ費用は一気に上がります。
体外受精での治療費の総額は平均で134万円となり、その多くの人は100万未満で
妊娠に至っているようです。

中には妊娠するまでに500万以上もかかっている人もいて、その経済的負担は
とても大きなものになります。

 

 

顕微授精での治療費総額

●~49万・・・3.4%
●50万~99万・・・15.2%
●100万~199万・・・49.2%
●200万~299万・・・20.3%
●300万~499万・・・8.5%
●500万以上・・・3.4%

 

顕微授精での治療の平均は体外受精よりも少し上がり166万になります。
体外受精では多くの人が100万円未満で妊娠している人が多かったですが
顕微授精の場合は100万~199万円の費用がかかったという人が
1番多かったようです。

顕微授精は体外受精よりも、より高度な技術を要するため平均で10万円ほど
費用が上がります。このことが治療費の総額を上げた理由ではないでしょうか。

 

体外受精や顕微授精の治療費総額を見ると、多くの人が総額100万を超える治療費を
支払っていることがわかります。

体外受精や顕微授精は保険適用外で技術も高度なため高額に
なる傾向がありますが、行政が治療費を一部負担してくれる助成金や
医療費控除がありますので、これらをうまく利用しながら治療を
行っていくしかありません。

そして夫婦で事前に治療予算などを決めておくと治療も進めやすいかと
思います。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク