不妊治療を行っている人たちがよくやることの1つに妊娠検査薬でのフライング検査があります。

私は毎回「今回こそは妊娠したんじゃないか」という気持ちを抑えきれずにフライングへと走り、妊娠検査薬を何十本も無駄にした1人です。

フライング検査による結果の信頼度は低いとわかっていながらも、ついつい妊娠を期待してやってしまうんですよね~。

これはきっと多くの方が同感してくれるのではないでしょうか。

ここでは妊娠検査薬でのフライング検査を行う時の注意点と、実際に私がドゥーテストでフライング検査をした結果をご紹介しますので是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク


フライング検査に注意!

フライング検査

市販の妊娠検査薬ドゥーテストは、「生理予定日約1週間後から検査可能」と書かれています。

しかし、赤ちゃん待ちしている方にとって、生理予定日1週間後までなんて待ちきれないですよね。

多くの方は妊娠しているのかどうか早く確かめたいと思っているのでその結果フライング検査をしてしまう方も少なくありません。

しかし、妊娠検査薬でのフライング検査には注意が必要ですよ。

フライング検査をする人の中には、早くて高温期9日位から使用する人もいるようです。

その位の時期って、ちょうど着床した頃ではないか?と言われているので「妊娠検査薬が反応するかもしれない」と調べてみたくなる衝動にかられるんですよね。

私もこのころからソワソワと落ち着かなくなります。

着床が成立してから出るHCGというホルモンは精子と卵子の受精成立から10日後以降に増えると言われているため、フライングをするとしたら受精日と思われる日から10日目以降にチェックしてみると、妊娠の有無がわかる場合があります。

そのため高温期10日~12日位で妊娠検査薬を行うと、うっすら線が現れ、陽性反応が出る方もいるようですので、もしうっすら線が現れたら「ついに私も妊娠した!?」と飛び跳ねるぐらい嬉しくなりますよね。

しかし、この時点で喜ぶのはまだ早いんです。

この時は陽性反応が出ていても、残念なことに妊娠が継続しない可能性もあるからです。

フライング検査で知る化学的流産

妊娠反応が出ても妊娠が継続しないこともあります。

これを「化学的流産」と呼びますが、化学的流産は胎嚢が見える前の、超初期の段階に発育が止まってしまうため着床したことや化学的流産をしたことに気づかない方も多くいるほどです。

しかし、フライング検査をしてしまうがために、妊娠に至らなかった場合は化学的流産であったことに気づいてしまうんですよね。

一度妊娠したと喜んだのも束の間、結局妊娠していないことを知ったその時のショックはとても大きなものになります。

 

ドゥーテストでフライング検査をした結果・・・

妊娠検査薬 フライング

あまりにも早いフライング検査は注意が必要です。

妊娠検査薬のドゥーテストは生理予定日約1週間後から検査可能と書かれています。

ちなみに私が一人目を妊娠した時も生理予定日から2日過ぎた頃にドゥーテストでフライング検査をしてしまいました。

その結果・・・

検査して数秒でくっきりとした線が現れ、陽性反応が!

本当は生理予定日1週間後から行うべきだったんですが、早く結果が知りたくてどうしても待ちきれませんでした。

でも化学的流産の存在も知っていましたので、その日からは本当に妊娠したんだ!という喜びと、化学的流産にならないかという不安があり、毎日妊娠検査薬で線が薄くなっていないか確認してました。

その結果、検査薬をたくさん使うことにもなってしまいましたから、本当は生理予定日1週間後からの検査が一番いいんでしょうね。

高温期10日~12日目位のフライング検査だと、まだ正確な診断はできませんが、生理予定日くらいになれば妊娠の有無を確認できることも多くあるようです。

赤ちゃん待ちの方にとってフライング検査はついついやってしまうことですがそれぞれメリット、デメリットがあることをしっかり知ったうえで検査に臨んでくださいね。

早期妊娠検査薬はいつから検査可能?

ドゥーテスト、チェックワン、クリアブルーなどよく薬局で売られている妊娠検査薬のほどんどが「生理予定日1週間後から」検査できるというものです。

しかし、早期妊娠検査薬があるのは知っていますか?

海外製のものが多いようですが、日本では「チェックワンファスト」があります。

早期妊娠検査薬は通常の妊娠検査薬より、より早い検査が可能なんです。

では、この早期妊娠検索はいつぐらいから検査が可能なのかが一番知りたいところですよね。

チェックワンファストは生理予定日当日より検査可能だそうなので、通常の妊娠検査薬よりも1週間も早く検査が可能なんですね。

それでも待ちきれない方は生理3日前から検査する人もいるようですが、これも通常の検査薬と同じで早く測るほど性能も下がると考えてもらえればと思います。

早期妊娠検査薬はいつから反応する?

これはインターネットで見つけた早期妊娠検査薬を使った時の検査結果ですので参考にしてみてください。

 
■早期妊娠検査薬の反応時期
  • 生理開始予定日の3日前から陽性反応が出た人⇒約50%
  • 生理開始予定日の2日前から陽性反応が出た人⇒約70%
  • 生理開始予定日前日から陽性反応が出た人⇒約85%
 

という結果になっていました。

やはり生理予定日3日前だと反応するかは半々というところですね。

いくら早期妊娠検査薬といっても、検査をするのは生理予定日当日が良いのではないでしょうか。

あまり早くフライング検査しすぎて、何本も検査薬を無駄にしないようにしましょう。(あまり人のことは言えませんが・・・)

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク