妊娠検査薬のフライング検査

妊娠を待ち望んでいる人にとって、妊娠検査薬のフライング検査は
よく行われることです。

一般的な妊娠検査薬は「生理予定日の1週間後」から使えます。
しかし、フライング検査とはそれより前に検査を行ってしまうことです。

最近の妊娠検査薬は簡単にできるうえにとても高い精度を持っていて
陽性反応が出た場合の信頼性は99%です。

しかし、それは「生理予定日の1週間後」以降に行われた場合です。
もしフライング検査で妊娠の有無を調べた場合、正確な診断が
できないことがありため、検査薬が使える時期よりも前に判定してしまうのは
おすすめできません。

しかし、それでもやりたくなってしまうのがフライング検査。
特に妊娠を待ち望んでいる人は、妊娠しているかを少しでも早く
チェックしてみたくなってしまうんですよね。

私もそうでしたので、その気持ちはとてもわかります。
「赤ちゃんが欲しい」という焦りが出てしまい、早く結果を知りたくなって
しまうんです。

しかし、正確な結果が欲しい場合は、やはり生理予定日の1週間後からに
なります。

妊娠検査薬の中には生理予定日から調べることができる「チェックワンファスト」
というものもありますのでそのようなものを購入すると、1週間早く正確な結果を
知ることができますよ。

 

 

フライングした時の信憑性は?

あまりにも早いフライング検査では信憑性も非常に薄く、検査の結果にも
ブレが出てくるようです。

妊娠が成立してから出るHCGというホルモンは受精成立から10日後以降に増えると
言われています。

そのため、フライングをするとしたら受精日と思われる日から10日目以降に
チェックしてみると、妊娠の有無がわかる場合があります。

しかし、フライングした時の結果の信憑性はありません。

フライング検査をした際、陽性の場合はうっすらラインが出ることがあります。
しかし妊娠検査薬は尿が蒸発する際に、陰性でも陽性のようなラインが
うっすら出ることがあるんです。

その蒸発線を陽性と勘違いしてしまい、ぬか喜びをしてしまう人もいるようです。
せめて生理予定日を少し過ぎたくらいに検査薬を使用してみると
陽性ならラインが濃くでてき始めますので、濃いラインであれば
蒸発線ではないことがわかります。

このことからあまりにも早すぎる妊娠検査薬のフライング検査では
正確な結果がでない可能性が高く、検査薬を無駄に使ってしまう場合も
ありますので、フライング検査をするのであればそのことを頭に入れて
行うことが必要です。

 

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク