妊娠超初期症状と生理前の下腹部痛の違い

妊娠超初期症状の中には、下腹部痛が現れる人がいます。
多くの人が疑問に思っているのは、「妊娠超初期症状の下腹部痛と
生理前の下腹部痛には違いがあるのか?」ということです。

赤ちゃんを待ち望む人にとって体調の変化を感じると「もしかして妊娠!?」と
期待してしまいますよね。

今回は、妊娠超初期症状と生理前の下腹部痛の違いや、症状や原因
などをご紹介していきます。

 

妊娠超初期症状と生理前の下腹部痛に違いはある?

妊娠超初期症状の下腹部痛の原因として、着床した胎芽を育てるため
子宮が大きくなろうとしていることで起こります。

生理前の下腹部痛の原因は、生理前になると大量に子宮内膜から分泌される
プロスタグランジンという成分によるものです。

プロスタグランジンが大量に分泌されると子宮の収縮が強くなり、下腹部痛を
引き起こします。

このように、妊娠超初期症状と生理前の下腹部の原因になるものは
それぞれ全く違うことがわかります。

では、症状の違いはあるのでしょうか?

妊娠超初期の下腹部痛の痛みは人それぞれですが、多くの人が
生理前のような鈍痛、チクチクした痛み、お腹を引っ張られるような痛みを
感じているようです。

痛みの程度にも個人差があるのですが、妊娠超初期の下腹部の痛みは
生理前の痛みととても良く似ているため、その違いを判別するのは
至難の業です。


私も以前妊娠した時は、生理予定日2日前くらいから下腹部痛がありました。
しかし、いつも生理が来る前の痛みと全く同じだったため、「今回も生理来ちゃうな~」
と思っていたら生理予定日が過ぎても生理が来なく、妊娠検査薬で確認したら
妊娠していたんです。

私も経験したことがあるのでよくわかるのですが、本当に生理前と同じような
下腹部の痛みなので、それを妊娠超初期症状の痛みと判別することは
難しいと思います。

 

 

妊娠超初期症状と生理前の下腹部痛を見極める方法は?

妊娠超初期症状の下腹部痛の場合、基礎体温が高温期に入ってから
1週間後くらい(生理予定日の1週間前くらい)から下腹部痛を感じる人が
多いようです。

しかし、これにも個人差があるため一概には言えないのですが、
もし下腹部痛が生理予定日の1週間前くらいから感じるのであれば
妊娠超初期症状である可能性も考えられます。

上でもお話したように、妊娠超初期症状と生理前の下腹部痛はとてもよく
似ているため、二つを見極めることはとても難しいのです。

そのため下腹部痛だけで判別しようとするのではなく、他の症状も合わせて
考えていくと少しは見極めやすいかもしれません。

例えば「着床出血らしきものがあった」「高温期が続いている」「体が熱っぽい」など、
妊娠超初期症状には他にも様々なものがありますので、他の症状も
合わせて考えていくと妊娠している可能性も高まります。

そして、生理予定日1週間を過ぎても生理が来なければ妊娠検査薬を
試してみましょう。

 



ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ