赤ちゃん待ちをする方にとって、毎月生理前になると疑問に思うことは
妊娠超初期症状と月経前症候群(PMS)の違いではないでしょうか?

妊娠超初期症状であると信じたいけど、その症状は月経前症候群ととてもよく
似ているため、どっちなのかを判断することは難しいですよね。

妊娠検査薬で調べればすぐに解決することなのですが、妊娠検査薬も生理予定日の
1週間後~使用可能のものなどありますので、それまでは「妊娠なのか?生理なのか?」と
期待と不安でいっぱいの毎日になってしまうことでしょう。

では妊娠超初期症状と月経前症候群(PMS)を見分ける方法はあるのでしょうか?

 

月経前症候群(PMS)の症状はどんなものがある?

まずは月経前症候群(PMS)にはどのような症状があるのかをご紹介します。

reten05-008身体的な症状

下腹部の痛み
胸が張る
吐き気
頭痛
腰痛
体が重い・だるい
疲労感
眠気
肌荒れ
体重の増加
食欲の変化(過食になる、甘いものが食べたくなるなど)
微熱
便秘
めまい
むくみ
肩こり

reten05-008精神的な症状

イライラする
やる気がでない
落ち込む
集中力の低下
神経質になる
急に泣きたくなる

 

妊娠超初期症状はどんなものがある?

reten05-008身体的な症状

下腹部の違和感や痛み
胸が張る
着床出血がある
吐き気がする
眠気
足の付け根のツッパリ感・痛い
微熱
体が重い・だるい
疲労感
めまい
頭痛
腰痛
頭痛
食欲が出る
汗をかく
肌荒れ
むくみ

reten05-008精神的な症状

情緒不安定になる
イライラする

 

妊娠超初期症状と月経前症候群(PMS)の見分け方は?

それぞれの症状の特徴を見てみても、ほどんど同じような症状ですよね。

唯一の違いは着床出血があるかないかということではないでしょうか?
関連記事⇒着床出血と生理の違いを見極める

ただ、着床出血は誰にでも起こるというわけではなく、この症状が現れる人はわずかで
100人中2人位の割合です。

では、どうしたら二つを見分けることができるのか?
二つの見分けるには症状だけで判断せずに、基礎体温表なども参考にしてみてみることです。

「なんだー症状だけでは判断できないんだー」と思うかもしれませんが、
妊娠超初期症状と月経前症候群(PMS)の症状は本当によく似ているため
二つを見分けるのは
至難の業なんです。

実際に妊娠した女性のほとんどが後になって、「やっぱりあれは妊娠初期症状だったんだ」
「いつもと違うと思った」と思い返す方が多いようです。

その時は「もしかして妊娠したかも?」と期待してしまっても、その後に生理が来て
がっかりしたというケースもとても多いので、症状だけで判断しない方が良さそうですね。

そのため基礎体温からもチェックすることで妊娠の可能性を知ることができます。
妊娠している場合は高温期が続きますので、高温期が継続しているならば
かなり信憑性の高い妊娠超初期症状と言えます。

生理予定日が過ぎても高温期が続くようであれば、妊娠検査薬を使用して
確認してみましょう。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク