9e166878728e0def6aa4335879c4e8d0_s

妊娠超初期症状の1つの特徴として腰痛があります。
そして生理前になると腰痛を感じる方もいます。

腰痛に限らず、腹痛や頭痛などの妊娠超初期症状は生理前に感じるものと
とても良く似ているため、一体どっちなのか判断するのが難しいんですよね。

ここでは、妊娠超初期症状と生理前の腰痛の違いについてご紹介していきます。

 

妊娠超初期症状の腰痛が起こる仕組みは?

妊娠超初期症状で起こる腰痛の原因は骨盤のぐらつきにあります。
妊娠が成立すると「リラキシン」という卵巣ホルモンの分泌が始まります。
このリラキシンは妊娠後期にも多く分泌されるのですが、骨盤周りのじん帯を緩ませて
出産に向けて骨盤が少しずつ開くよう働きかける作用があります。

ただ、骨盤周りのじん帯が緩むと骨盤はぐらついて不安定になってしまいますよね?
そのぐらつきを支えようとするため骨盤や腰回りの筋肉に負担がかかってしまい
腰痛として症状が現れるのです。

妊娠前から腰痛に悩まされている方は、妊娠超初期症状でも腰痛が起こりやすいと
言われています。

 

妊娠超初期症状と生理前の腰痛の違いは?

妊娠超初期症状の腰痛である場合はリラキシンの作用により起こることが
わかりましたね。しかし、実は生理前の腰痛も同じホルモンの作用により
同じような痛みが起こるんです。

痛み方には個人差があるため、この二つの腰痛の痛みを見分けるのは
難しいと言われています。

しかし、二つの痛みに違いを感じる方もいるようで、
生理前の腰痛の場合は排卵直後~生理開始2日目くらいに子宮の後ろ側が痛むのが特徴で
痛み以外の場所は重く感じる方が多くいます。

それに対して、妊娠超初期症状の腰痛では生理予定日の頃から痛みが出て来る方が多く
全体に痛みがあり、腰が重いというよりは全体がじわじわと痛む感じがするそうです。

 

腰痛以外の特徴もチェックしてみましょう

妊娠超初期症状と生理前の腰痛の違いが分かる方もいるのですが、
二つの痛みはとても似ているため、なかなか違いを見分けるのは難しいようです。

そのような場合は、腰痛だけで判断しようとせずに他にも何か症状が
現れているかをチェックしてみましょう。
 
  • 着床出血はないか
  • 胸が張っていないか
  • 気持ち悪くないか
  • 基礎体温の高温期が続いてないか
  • 足の付け根のツッパリ感はないか
  • 下腹部に違和感・痛みはないか
  • 熱っぽくないか
など、妊娠超初期症状には腰痛以外にも様々な特徴があります。
もし、生理予定日を過ぎているのであれば、妊娠検査薬を試してみるのが
1番確実ですね!

 

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク