非協力的女性の社会進出や晩婚化の影響で、近年では不妊治療を行っている夫婦はとても多くいます。

しかし不妊治療が必要な夫婦の中には、夫が治療に非協力なためになかなか治療を始められないという夫婦もいるようです。

夫婦と言えども、考え方や意見が違うことはよくあることです。

比較的女性の方が赤ちゃんが欲しいという気持ちが強いようで
不妊治療を始めたいと思っているようですが、男性の方は意外と冷静で
「まだ早いんじゃないか?」「もう少し二人で頑張ってみよう」と考える人も多くいます。

 

夫は子供がほしくないの?

「男性は子供がほしくないのでは?」と思うかもしれませんが、決して子供が
ほしくないわけではないはずです。

しかし元々子供が好きではなく、ほしくないと思っている男性も中にはいます。
このような男性だと完全に困ってしまいますね。

子供を作る、作らないは夫婦の一生の問題にかかってきますので
夫に「なぜ欲しくないのか」と理由などをしっかりと聞いて、よく話し合うことが大切です。

男性の中には子供は欲しいけど「焦らなくてもいいんじゃないか」「治療するには
抵抗がある」「自分に原因があるのが怖い」と考えている男性が多くいるようです。

女性は年齢の問題がありますから、そのリミットを考えると焦ってしまうのですが
男性は妊娠にはリミットがあるということをあまりわかっていない人が多いみたいです。

このような場合は、年齢が上がるとともにどんどん妊娠しずらくなってしまうことなどを
しっかりと説明して、理解してもらうようにすることです。

そして自分に不妊原因があるのが怖いというタイプの男性。
この場合も、しっかりと二人で話し合って、「もし原因が見つかったのなら治療は
早い方が妊娠できる可能性が高まる」ことなどを知ってもらいましょう。

男性は女性に比べ、妊娠や不妊に対する知識があまりないようなので
そのことがお互いの考えがすれ違っている原因かもしれません。

とにかく大切なことは二人でよく話し合うこと。
コミュニケーションをしっかりとっていない夫婦は例え不妊治療を始めたとしても
なかなかうまく結果がでない傾向にあるようです。

 

 

非協力的な夫にやってはいけないこと

不妊治療に対し、夫が非協力的であると女性はますます焦ってしまい
相手を追い詰めてしまうこともあるかもしれません。

しかし、これは逆効果です。
相手を追い詰めるやり方で説得しても、絶対に相手は理解してくれませんし
ますます「だから治療なんてしなくないんだ」と感じてしまうからです。

また、本当は自分に不妊原因であるかもしれないということを恐れ
治療に対して臆病になっている場合もあります。

そんな状態で妻に強い口調で追い詰められたら、ますます検査や治療が
怖くなってしまいますよね。

夫に理解してもらうためには追い詰めるのではなく、自分の素直な気持ちを
正直に話し理解してもらうことです。

しかし、すぐには納得してくれないかもしれません。
それでも、「何でわかってくれないの!?」と怒るのではなく
なぜ治療をしたくないのかという相手の気持ちも理解してあげることが大切です。

例えば、「それじゃあ、今年いっぱいは二人で頑張って、それでも
妊娠しなかったら来年から治療始めてみない?」などの提案をしてみるのは
どうでしょうか?

自分の意見だけを押し付けるのではなく、相手の意見も尊重したうえでの
提案なので、これなら考えてくれる男性もいるはずです。

不妊の話はとてもデリケートなだけに、お互いの考えが違ってしまうと
そこから関係がぎくしゃくしてしまいがちですが、大切なのはよく話し合うことです。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク