不妊治療をしていると、夫婦お互いがいろいろな気持ちや感情を持つかと思います。

そしてその気持ちや感情は必ずしも同じではないため、気持ちのすれ違いが
生じやすく、いつの間にか夫婦仲がぎくしゃくしていたというケースも少なくありません。

あるアメリカの心理学者は「男女の思考回路の違いのために、不妊治療中の夫婦には
すれ違いや誤解が生じやすい」と言っています。

不妊治療は夫婦が協力していかないと良い方向に進まないこともあります。
ここでは夫婦のすれ違いが起こりやすいパターンをご紹介していきますので
夫婦仲が気になっている人は是非チェックしてみてください。

 

不妊治療中に起こりやすい夫婦のすれ違い

check14 不妊の話ばかりをしている

妊活や不妊治療をしていると、毎日頭の中は不妊のことでいっぱいで
不安を抱えている女性も多いでしょう。

そして、夫婦の会話はいつも不妊に関する話ばかりしている女性も
いるかもしれません。

女性は不妊の話を男性に話すことで共感度を深めたり、安心したりするそうですが、
逆に男性は進展のない話や、同じ話を繰り返すことを無駄だと感じる
傾向があるんです。

そのため、毎回不妊の話を女性から話されるとうんざりしてきます。
赤ちゃんができないことへの不安を抱えていることはわかりますが
いつも同じ話ばかりせずに、たまにはお互い笑い合える楽しい話をしましょう。

 

 

check14 笑顔がない

落ち込む不妊治療をしていると、赤ちゃんができるまでは楽しいことよりも辛いことの方が多いかもしれません。

精神的な負担はもちろんのこと、身体的負担や経済的負担など、どれを考えても辛いことばかり・・・

だからと言って、家庭内でも不安を抱えたままの暗い表情になってはいないでしょうか?男性は、そんなあなたの暗い表情を見て、あまり良く思っていないかもしれません。

赤ちゃんが欲しいという気持ちは男性よりも女性の方が強い傾向にあります。そのため、治療がうまくいかないと女性の方が落ち込んでしまいがちです。

逆に男性は、「もしダメでも夫婦二人で楽しく生活すればいい」と
思っている人も少なくないんです。

そして、女性の悲しい表情ばかりを見ていると、男性は治療を続けることすら
嫌になってしまうこともあります。

赤ちゃんが欲しいという気持ちが強いのであれば、なるべく笑顔でいることです。
「赤ちゃんは笑顔のある家庭にやってくる」とも言われているんです。

 

 

check14 相手を責める

女性は不妊治療の辛さやストレスから、ついつい夫に対してきつくあたってしまう
ことがあります。

確かに男性に比べ女性の負担はかなり大きく、比べものになりません。
しかし、治療がうまくいかないことへのイライラを夫にぶつけ、「あなたよりも
私の方がずっと大変なんだから」「あなたは何もわかっていない」など、相手を責める
言葉を言っていませんか?

男性はあまり表情や言葉に出しませんが、男性だって治療がうまくいかないことへの
不安やストレスはあるんです。

でも、それを言っても仕方がないと思っているだけ。
それを女性は「夫は何も考えてない」と勘違いしてしまうんですよね。

男性が不安や辛い表情を見せないのはあなたを傷つけたくないからなんです。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク