どのような不妊治療を受けるべきかを検討する上に重要となってくるのが女性の年齢です。

35歳を過ぎると妊娠率は下がり、逆に流産率は上がります。

不妊治療を行うにあたり、年齢は結果に大きく左右されていきますので、どのくらいの期間をかけてステップアップしていくべきかなどを考えていきべきです。

20代と、35歳~40代とでは妊娠力に大きな差がありますので、年齢に合わせた治療が必要となります。

スポンサーリンク


妊娠しやすいかは年齢次第?

不妊 年齢

年齢が若ければ若いだけ妊娠する可能性も高くなると言われていますが、女性の妊娠力はいつ頃から低下し始めるか知っていますか?

実は妊娠力の低下は20代後半から始まります。

「えーー!?20代後半から?35歳からじゃないのー!?」と思う人もいると思いますが、20代後半から妊娠力は低下し始め、35歳からは急激に妊娠力が低下するんです。

一般的に女性の体は20代前半が1番妊娠や出産に適した年齢と言われています。

では、20代と35歳以上では、なぜ妊娠率に大きな差が生まれるのでしょうか?

その原因は卵子の質が大きいと言われています。

精子は日々新しいのが作り出されているのに対し、女性の卵子は胎児のときにすでに一生分の卵子が作られています。

なので、20歳に排卵した卵子は卵巣の中で20年間排卵を待っていた卵子。

40歳に排卵した卵子は卵巣の中で40年間ずっと排卵を待っていた卵子ということになるんです。

このことから20年間待機していた卵子と40年間待機していた卵子の質が違ってくるのは当然のことなのがわかりますよね。

女性が妊娠するのに最もベストな時期は20代なので、ピークを過ぎて生殖能力が低下した卵子では妊娠率が低下するのは仕方のないことなんです。

このことから20代と40代の女性が同じ治療を行っても妊娠できる確率が大きく違ってくるため、年齢や体の状態に合った治療法を行う必要があります。

年齢に合わせたステップアップで妊娠できる可能性も高まる

妊娠 可能性

35歳~39歳の場合

女性の妊娠力は35歳過ぎから急激に低下していきます。

例えば人工授精を行った場合、35歳以上の女性の1回あたりの妊娠率は25歳以下の女性に比べ半分に低下するというデータも出ています。

このようなデータを見ると「35歳過ぎたら妊娠できないかも・・・」と焦ってしまうかもしれませんが、35歳以上でも治療を進めていけば、まだまだ妊娠できる可能性は高いです。

ただ、ひたすら自然妊娠にこだわるような考えではなかなか妊娠できないと思いますので、数回チャレンジして妊娠できなければステップアップを考えましょう。

まずは自分の体をよく知り、妊娠できない何らかの問題があるとされるなら、その問題に対する治療や生活改善をしていくことです。

むやみに焦る必要はありませんが、もし最終的には体外受精までと考えているのでしたら、早めにステップアップすることが大切です。

40歳以上の場合

不妊治療を進めていくにあたり、医師は患者の希望も聞きますが、40代の女性が「絶対にタイミング法で妊娠したい」と言っても、医師は困ってしまいます。

確かに40代でも自然妊娠する人はいますので数か月チャレンジしてみてもいいと思いますが、それでも妊娠に至らなければ、早めに次のステップへと進んだ方が結果的に早く妊娠できるかもしれません。

高齢になると年齢が大きなカギとなるため、あまり妊娠確率が低い治療法をやり続けるのは得策ではないということです。

日本産婦人科学会が出したデータによりと、30代前半で体外受精を行った場合35%の人が妊娠できていますが、40歳になる20%程度、45歳では約5%しか妊娠できないと出ています。

また、40歳以上になると流産する可能性も高くなりますので、無事に出産できる人はさらに少なくなるということです。

これらのことから40歳以上になると急激に妊娠率が下がることを理解し、早めにステップアップすることがとても大切です。

40歳以上と言っても、40歳と41歳ではまた妊娠率が変わるというように1年がとても大切ですので、数回チャレンジしても妊娠しないタイミング法や人工授精をやり続けることはとてももったいないことです。

もちろん40代女性でもタイミング法や人工授精で妊娠する人はいますので、回数を決めて3回やってだめならステップアップするという気持ちで挑むことです。

少しでも妊娠率の上がる治療法にかけたいという人でしたら、いきなり体外受精を行うのもいいと思います。

40歳以上になると、病院の医師からもいきなり体外受精をすすめられることも珍しくありません。

自分の年齢の妊娠率を理解し、医師と治療方針について話し合い、お互い納得した上で治療を始めましょう。

年齢によって変わる卵子の質と排卵力

年齢 排卵力

35歳になると卵子の質が急激に低下し始めるというお話をしましたが、低下するのは卵子の質だけではないんです。

女性の原始卵胞は胎児の時には500万個以上持っているのですが、思春期には20~30万個にまで減少します。

その後は減少が止まることはなく、一回の月経の周期に約1000個が減少し続けていると言われています。

年齢が上がってくると、質の低下だけではなく卵胞の数も減ってくるんです。

状態の良い卵胞がたくさん残っているほど質の高い卵子が排卵される確率は上がりますが、良い卵胞があまり残っていなければ排卵力も低下し、必然的に妊娠する確率も下がってしまいます。

これも女性の年齢が大きなポイントとなっています。

女性の年齢は妊娠力に大きく左右されますので、自分の年齢に合った治療法を見つけることが結果的に早く妊娠する可能性を高めることになりますよ。

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク