アンタゴニスト法
アンタゴニスト法とはどういうものなのでしょうか?

ここではアンタゴニスト法の詳しい内容やメリット・デメリット、スケジュールなどを詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク


アンタゴニスト法とは?

アンタゴニスト法
アンタゴニスト法は体外受精を行う際の卵巣刺激法のうちの1つで、2006年に日本でも導入され始めました。

卵巣刺激法とは、排卵誘発剤で卵巣を刺激して卵子の成長を促すと同時に、未成熟な卵子が排卵されないようにコントロールしていく方法です。

アンタゴニスト法は、ロング法やショート法で使用するGnRHアゴニストを使わず、ある程度卵胞が成長した段階でGnRHアンタゴニストを使用していく方法となります。

両方とも名前が似ているので混乱しがちですが、GnRHアゴニストは点鼻薬で、GnRHアンタゴニストは注射です。

両方とも排卵を抑制する効果があるため排卵調節のために使用されますがGnRHアンタゴニストの方が即効性があり、使用期間も短いというのが特徴です。

アンタゴニスト法ではhMG注射により排卵誘発して複数の卵を大きくし、さらにGnRHアンタゴニストを使用することで排卵を抑制していきます。

GnRHアンタゴニストは効き目が約30時間と長く、採卵前に3回注射することで高い排卵抑制効果が発揮され、hMG注射の投与量も少なくてすむので、卵巣へのダメージも減ります。

アンタゴニスト法のメリット

アゴニスト法reten05-008採卵日前はhCG注射の代わりにアゴニスト点鼻薬を使用することが可能なので卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になる心配がなく安全
reten05-008ロング法に比べ、薬を使用する期間が短くてすむ
ロング法が過排卵刺激による排卵誘発法のみに有効なのに対し、GnRHアンタゴニストは自然排卵や低卵巣刺激法による治療にも使用することができます。

そのため多嚢胞性卵巣症候群や、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になりやすい人にも使いやすいというメリットがあります。

また、ロング法やショート法の場合、排卵誘発前から1日数回点鼻薬をしなければいけないので本人の負担が多きいのですが、アンタゴニスト法は卵胞が成長し始めた頃から採卵までの期間だけ投薬すればいいので、精神的な負担が抑えられるというメリットもあります。

アンタゴニスト法のデメリット

アゴニスト法reten05-008アンタゴニストが高額であるため、卵胞の発育が遅い場合は費用がかかる
reten05-008採卵前に排卵してしまう可能性が、アゴニスト使用の時よりもわずかにある
アンタゴニストは排卵してしまうリスクがあります。

例えば、卵胞の大きさがバラバラで発育の遅い卵胞がいくつかある時、ショート法やロング法(アゴニスト法)だとしっかりと排卵が抑制されるため発育の遅い小さな卵胞の成長を待つことができます。

しかし、アンタゴニスト法だと十分に成長した大きな卵胞がある場合は、排卵してしまうかもしれないので小さな卵胞の成長をあまり待つことができないんです。

アンタゴニスト法はこんな人に向いている

アンタゴニスト法 向いてる人
reten05-008多嚢胞性卵巣症候群(PCO)の方
reten05-008卵巣刺激症候群(OHSS)になりやすい方
reten05-008ロング法で妊娠しなかった人
reten05-008ショート法で発育卵胞数が3個以下の人
reten05-008排卵が早く起こりやすい人

アンタゴニスト法のスケジュール

アンタゴニスト法スケジュール
 
不妊体外受精をする周期の月経3日目からたくさんの卵子をつくるために排卵誘発剤のhMG注射を開始する。

不妊hMG注射を投与している間にも何度が通院して超音波検査などで卵胞の大きさや数をチェックしていく。

不妊卵胞が直径13mm~14mmほどに成長したら排卵を抑えるためにGnRHアンタゴニストをお腹かお尻に注射して、hMG注射と併用投与していく。(だいたい月経8日目ぐらい)

不妊卵胞の直径が約18mmになったら注射を終了して採卵日を決める。

不妊採卵日の2日前に排卵を促すためのhGC注射を投与する。(卵巣過剰刺激症候群(OHSS)のリスクがある人には、hCG注射の代わりに、GnRHアゴニストの点鼻薬で排卵を促す方法も行われます。)

不妊hCG注射を投与した36時間後くらいに、成熟した卵胞が破裂する前に採卵する。(卵子がとれたら夫の精子も採取していく)

不妊妊娠判定までの期間、黄体ホルモンを補充して子宮内膜を着床しやすい状態にする。

不妊シャーレの中で卵子と精子を受精させる。

不妊翌日、受精が確認できたら新しい培養液に移してさらに培養させる。

10受精卵が分割卵、または胚盤胞まで育ったら受精卵を子宮の中に戻す。(胚移植)

11胚移植から2週間後に尿または血液で妊娠判定を行う。

 

ロング法やショート法とは違いは?

アンタゴニスト法 違い
アンタゴニスト法について理解できましたでしょうか?

「じゃあ、ざっくり言ってロング法やショート法とは何が違うの!?」というと、排卵を抑制する薬を使う期間が長いか短いかの違いと、点鼻薬か注射かの違いです。

 

reten05-008ロング法・ショート法⇒排卵誘発剤を使う前から排卵を抑制するGnRHアゴニスト製剤点鼻薬を1日3回投与

reten05-008アンタゴニスト法⇒排卵誘発剤を使い、卵胞をチェックし卵胞が育ち始めてから排卵を抑制するアンタゴニスト製剤(注射)を投与

それぞれメリット・デメリットがあるため、どの方法を選択するかはその人の体の状態や検査結果によって医師が判断していきます。

アンタゴニスト法は薬を投与する期間が短いので体や精神的負担は少なくて済み魅力的な方法ですが、デメリットもあることをしっかりと理解し、医師と相談して治療をすすめていきましょう。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク