胚移植が終わったら、しっかりと着床してくるように黄体ホルモンの補充をし、妊娠判定となります。

やっとここまできて後は妊娠判定を待つだけ。

妊娠判判定までの時間は不安と期待が入り混じり落ち着かないとは思いますが、あまり気を張らずに、なるべくリラックスした状態で待ちましょう。

スポンサーリンク


黄体ホルモン補充・妊娠判定の流れ

黄体ホルモン補充

 黄体ホルモン補充(採卵翌日~妊娠8週まで)

高温期になると黄体ホルモンが分泌されるのですが、この黄体ホルモンは子宮内膜を厚くさせ、着床しやすい状態にしてくれるとても大切なホルモンです。

しかしロング法ショート法などで卵巣を刺激して採卵を行った周期は、採卵前にGnRHアナログ製剤(点鼻薬)やGnRHアンタゴニスト製剤(注射薬)を使って自然に排卵が起きないように抑制したりしていますので、その影響で採卵後は黄体機能が低下してしまうことがあるんです。

黄体機能が低下してしまうと、着床しやすいフカフカの子宮内膜が作られなくなりますから着床してくれない可能性があります。

そこで着床をスムーズに行い、妊娠を維持できるように、高温期に入ったら黄体ホルモン剤を使用して黄体ホルモン補充を行う必要があります。

黄体ホルモン剤は内服薬、注射薬、腟坐薬などがあり患者さんの卵巣状態によって使い分けていきます。

また、高温期にhCG注射を打ち、黄体機能を高めるという方法もあります。

hCGは排卵期に注射すると36時間~48時間以内に排卵するという効果もあるため、成熟した卵胞を確実に排卵させるための目的で使用するものです。

しかし、移植後の高温期にhCG注射を打つことで黄体ホルモンの分泌不足を補い、妊娠に適した子宮内膜の状態を長く維持させるという役割も果たしてくれるんです。

黄体ホルモンの補充により、子宮内膜の状態が整ったらあとは着床を待つだけです。

子宮の中に入った受精卵は数日のうちには子宮内膜にもぐりこみ着床します。

この黄体ホルモンの薬や注射の種類や頻度は、卵巣の状態に合わせて医師により選択されます。

 

妊娠判定(採卵から2週間後)

さあ、いよいよ妊娠判定日です。

採卵した日から2週間後に病院へ行き、尿または血液を採取し妊娠判定を行っていきます。

個人差はありますが、受精後10日、着床後3日で陽性反応が出始める人もいますので、妊娠判定日より前に自分でフライング検査を行う人もいます。

胚盤胞移植をした人なら移植後5日後位にフライング検査をしてみると、陽性なら反応が出る場合が多いようですよ。

胚が着床すると、絨毛(じゅうもう)と呼ばれる組織からhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌されます。

病院での妊娠判定は、採血でhCGの値を見て判定を行います。

体の中の黄体ホルモンは、通常でしたら2週間ほどでなくなり、子宮内膜が剥がれ落ちて月経が起こるという仕組みとなります。

しかし、胚が着床し妊娠が成立した時に分泌されるhCGホルモンは、LH(黄体化ホルモン)と構造が似ていて黄体を刺激してくれる作用があります。

そのため、子宮内膜をフカフカの状態に維持してくれ、月経が起こらず妊娠が継続されるという仕組みなんです。

無事に妊娠に至った場合、その1週間後には超音波で胎嚢を確認することができますよ。

 

妊娠週別のhCG値の目安

hCG 目安

2週 0.2mIU/ml
3週 20~50mIU/ml
4週 50~200mIU/ml
5週 200~1000mIU/ml
6週 1000~6400mIU/ml
7週 4000~12800mIU/ml
8週 4000~256000mIU/ml
9~10週 8000~256000mIU/ml
11~12週 8000~64000mIU/ml

 

hCG後のフライング検査に要注意!

フライング検査

胚移植の2週間後に妊娠判定とわかってはいても、その2週間がいつもよりとても長く感じ、ソワソワして落ち着かないものですよね。

そして、我慢ができずに病院での妊娠判定の前に自分で妊娠検査薬を使用して、妊娠の有無を確かめる人も多くいるようです。

しかし胚移植後にhCG注射をして黄体ホルモン補充を行った人は要注意です!

妊娠検査薬は体内のhCGに反応することで妊娠しているかどうかを調べるため、hCG注射を打った後に検査薬を使用すると妊娠していなくても陽性反応がでてしまうからなんです

それを知らずにフライング検査をしてしまうと、hCG注射の影響による陽性反応に喜んでしまい、もし妊娠していなかった場合に大きなショックを受けることになります。

一般的に言われているhCG注射の残存期間は以下になります。

 
  • hCG5000単位・・・1週間~10日程度
  • hCG10000単位・・・2週間程度
 

hCG5000単位の注射を打った場合は10日間はフライング検査をしない方がよさそうですね。

そして、hCG10000単位の注射を打った場合は2週間程度も体内に残存しているようですので、フライング検査をせずに病院での妊娠判定まで待った方がよさそうです。

ちなみにhCGの注射を打った場合のフライング検査で陽性反応のラインが日を追うごとに薄くなってくれば、やはりそれは単にhCG注射の影響であったと考えられます。

しかし、陽性反応のラインが日を追うごとに濃くなってくるのでしたら、妊娠による反応の可能性が高いですよ。

フライング検査を行う場合は、hCG注射による影響もよく理解した上で行うといいですよ。

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク