タイミング法や人工授精と違い、高度な治療となる体外受精。

妊娠率も上がると言われていますが、いったいどの位上がるのでしょうか?

「体外受精なら妊娠できる」と思っている人も多くいるようですが、体外受精でも妊娠できる人もいれば妊娠できにくい人もいるのが実情です。

体外受精の成功のポイントは女性の年齢にも関係してきます。

妊娠率は年齢によっても違ってきますので、体外受精も年齢別の妊娠率も一緒にご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


体外受精の妊娠率

体外受精 妊娠率

体外受精の妊娠率はタイミング法や人工授精と比べ、グンと上がります。

人工授精の1回の妊娠率は10%前後でしたが、体外受精での妊娠率は約30%~35%とかなり高くなります。

体外受精は、卵胞の発育、排卵、受精、受精卵が分割して子宮に入るという過程を自然に行わせるのではなく、薬を使用したり、体外から取り出して培養してから子宮の中に戻して着床させるという特殊な方法なので、多くの不妊原因にも有効となり妊娠する可能性を高めます。

体外受精で妊娠できた人の中でも8割の人が3回までに妊娠できているようです。

さらに5回までになると割合は9割となります。

このことから体外受精は3回までには多くの人が結果を出していて、4回目以降になると妊娠率は低下してくるということなんです。

また、体外受精のような高度な不妊治療を行うと、「赤ちゃんに異常が起こりやいのでは?」と不安になる人もいますが、体外受精で妊娠、出産した赤ちゃんが先天的に異常がある割合は、自然妊娠で出産した時の割合とほとんど変わりません。

体外受精での治療はタイミング法や人工授精では妊娠に至らないような不妊の原因がある方や高齢の方には、試してみるべき治療方法なんです。

年齢別で見た体外受精の妊娠率

体外受精 年齢別

体外受精の妊娠率がタイミング法や人工授精よりもかなり高くなるということは理解できたかと思いますが、体外受精の成功のポイントは女性の年齢が大きく関係しているようです。

体外受精での妊娠率は全体で約30%~35%ですが、年齢別で見てみましょう。

体外受精年齢別妊娠率

20代での体外受精での妊娠率は38%~40%と高く、35歳で約33%、38歳になると30%を切ってしまいます。

年齢と共に徐々に妊娠率が下がってきてきますね。

そして40歳を過ぎると20%以下にまで下がり、45歳で約5%となります。

45歳にもなると体外受精での妊娠の可能性は極めて低くなることがわかります。

このことから見ても、体外受精で妊娠させる大きなポイントは”女性の年齢”ということがわかりますね。

35歳以上の方は早めの判断を

35歳以上 体外受精

女性が高齢になってくると、タイミング法や人工授精の治療を飛ばして、いきなり体外受精からスタートする人もいますが、これは正しい1つの選択と言えます。

「体外受精」と聞くと、とても難しい治療というイメージがあり、なかなか踏み出せずタイミング法や人工授精を何度も繰り返す人がいます。

体外受精は高度な不妊治療のため、タイミング法や人工授精のような一般不妊治療に比べてハードルも高く感じ、思いとどまってしまう人も少なくないんですよね。

そして費用もいっきに高額となるため、「できればタイミング法や人工授精で妊娠できたら・・・」となかなか体外受精に踏み込めない人もいます。

しかし、そのような一般治療をやり続けていたとしても妊娠に至らなければ結局は時間を無駄にしてしまいますし、その間にもどんどん年齢は上がっていきます。

35歳以上の女性でしたら、まずはタイミング法3回、人工授精3回行って、それでも妊娠に至らなければ体外受精へのステップアップを考えましょう。

38歳以上の女性でしたら、妊娠する確率が高い体外受精からスタートするという考えはありです。

女性の年齢が高い場合は、妊娠率が低いタイミング法や人工授精を続けるよりも、少しでも妊娠率が高い体外受精を行った方が、早い段階で赤ちゃんの授かる可能性も高まります。

気持ちの問題や金銭的な問題など様々あるでしょうが、体外受精に進むならなるべく早い方が良いということですね。

体外受精をしようか悩んでいる方は、医師と相談してメリットやリスクなどもよく理解したうえで決断しましょう。

 体外受精の妊娠率を上げるには

妊娠率 上げる

年齢と共に妊娠率が下がっていく体外受精ですが、年齢が高いからと言って「体外受精でも妊娠できないかも・・・」と落ち込む必要はありません。

たしかに、年齢が上がれば上がるほど妊娠しずらくなってしまいますが、自分の努力次第で妊娠率を上げることも可能なんです。

卵子の老化を仕方のないことと思わず、少しでも卵子の老化の進行を食い止めるためには生活習慣を見直すことがとても大切となります。

卵子の質を向上させるには、女性ホルモンのバランスを整えることが大事。

そのために、質の良い睡眠をとってしっかりと体を休めること。そしてストレスを溜めこまないことです。

過度なストレスを抱え込むと、女性ホルモンの妨げになるのはもちろん、体の冷えも引き起こしてしまうので気をつけましょう。

不妊治療をしている以上、ストレスを完全にゼロにすることは難しいですが、ストレスが溜まったら上手に発散する方法を見つけることが大切です。

そして、食生活は不規則にならないように、1日3食を基本に栄養バランスが偏らないような食生活を送りましょう。

体外受精の妊娠率を上げるためには、体を冷やさないことも重要なポイントです。

体を冷やしてしまうと、血行が悪くなり、栄養や酸素が子宮まで十分に届かなくなってしまいます。

子宮が冷えてしまっては妊娠に適した環境とは言えず、体外受精を行ったとしても着床させることが難しくなってしまうんです。

妊娠するには、温かく居心地の良い子宮が不可欠となりますので、体を冷やさいように気をつけましょう。

 

<合わせて読みたい記事>
 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク