体外受精 リスク
体外受精をすでに行っている人、これから受けようと思っている人にとって知っておいてもらいたいのが体外受精を行う上でのリスクや副作用です。

妊娠率が高く、今では多くの夫婦が体外受精での治療をしているため、昔に比べて始めやすい治療となってきてはいますが、やはり多くの方が体外受精を始めるにあたり不安を感じています。

ここでは体外受精のリスク、副作用をご紹介していきますので、しっかりと理解をした上で治療を開始しましょう。

スポンサーリンク


体外受精のリスクと副作用は?

体外受精 リスク

多胎妊娠

多胎妊娠とはお母さんのお腹の中で同時に二人以上の赤ちゃんを妊娠してしまうことです。

いわゆる双子や三つ子などのことですね。

自然妊娠の多胎妊娠率は全体の0.5%~1%なのに対し、体外受精、顕微授精での多胎妊娠率は15%に上がります。

それは何故かというと、胚移植の際に1個だけではなく2個の胚を移植するということが行われているからです。

日本産婦人科学会では移植する胚は基本的には1個と言われているものの女性が高齢であったり、何度か妊娠に失敗している人には3個までOKと定められています。

一度に2個の胚を移植すれば、当然その2個が着床することもあるので多胎妊娠を招く可能性も高くなるということです。

「妊娠できれば双子だっていい」と考える人も多くいますが、多胎妊娠は流産、早産だけでなく低体重児が生まれる可能性も高くなるので、できれば避けたい妊娠となっています。

子宮外妊娠

子宮外妊娠は、子宮以外の箇所で受精卵が着床してしまうことです。

なぜ体外受精や顕微授精をすると子宮外妊娠率が高くなってしまうかと言うと、移植時に胚が卵管の方へ押されてしまうことや、また体外受精を受ける女性は卵管の状態が良くない場合も多いので、胚が卵管で着床してしまうのが原因と考えらます。

子宮外妊娠は子宮内膜以外に根を張ってしまうため、赤ちゃんが成長することはできません。

子宮外妊娠で一番よく知られているのが卵管内に着床してしまうことで、子宮外妊娠全体の98%の割合で起こると言われています。

子宮外妊娠は、最初は通常妊娠と変わりなく、妊娠検査でも陽性反応が出ますし、胸の張りやつわりなどの妊娠初期症状も現れます。

しかし、病院へ行っても胎嚢が確認できないため、そこで初めて子宮外妊娠だとわかります。

病院へ行って早い段階で気づけば不幸中の幸いです。

危険なのは子宮外妊娠だと気づかずに放っておくことです。

子宮外妊娠に気づかず放置していると、卵はどんどん成長していき、ついには細い卵管が破裂し、大出血が起こり激痛に襲われます。

その場合は緊急の手術が必要で、命に関わることもあります。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)は卵巣刺激剤や排卵誘発剤を使用することによって起こる可能性のある副作用です。

薬や注射の効き目は人によって違いますが、飲み薬よりも注射の方が効き目が強いようです。

薬や注射が効き過ぎてしまうと過剰な数の卵胞が発育して卵巣過剰刺激症候群なってしまうこともあります。

卵巣過剰刺激症候群になると、卵巣が腫れて肥大したり、胸水や腹水が溜まるといった症状が現れます。

また、排卵誘発剤を使用後にお腹の張りを感じる、強い吐き気を感じる、息苦しくなるなどの症状が出た場合は卵巣過剰刺激症候群の可能性があります。

卵巣過剰刺激症候群が予測される場合は、排卵誘発剤と採卵は中止されます。

採卵後でしたら胚移植を中止し、胚は凍結保存され凍結胚は次周期以降に移植していきます。

そして症状の度合いによって適切な治療を行っていく必要があります。

感染

採卵時に腟内の細菌が腹腔内に入ってしまうことで、骨盤内感染症と思われる腹痛や発熱などの症状が起こる場合が稀にですがあります。

このような感染症が起こらないように、腟内の十分な消毒と抗生剤の投与が行われます。

特にチョコレート嚢腫や卵管水腫、過去に骨盤腹膜炎を起こしたことのある人は注意して経過観察をしていきます。

年齢が高くなると流産や死産のリスクも高まる?

体外受精 年齢
流産や死産は妊娠をしている人なら誰も抱えるリスクとなります。

妊娠から22週以前に胎児が亡くなることを流産を言い、それ以降に胎児が子宮内で死亡した場合を死産と言います。

流産・死産になる発生率は自然妊娠で授かった人、不妊治療で授かった人全て合わせた中で10%前後ですが、体外受精の場合流産率は20%ほどに上がります。

タイミング法や人工授精と比較すると体外受精の方が流産率が高くなるというデータが出ているんです。

しかし、流産や死産は体外受精をしたからといって増えるわけではありません。

これは、体外受精だからというわけではなく、女性の年齢が大きく関係しているようです。

体外受精を行う人は20代や30代前半の人よりも35歳以降、40代の人が多いという特徴があります。

加齢により卵子の質が低下すると、染色体異常のある卵子も増えていき流産の可能性も高まりますので、これが体外受精の流産率が上がってしまう原因となるんです。

体外受精での流産率は年齢が35歳だと約20%、40歳だと35%、45歳になると50%を超えてしまいます。

年齢が上がっていくと共に流産も上がっていくのがわかりますね。

体外受精に限らず、どの治療にもこうようなリスクはありますが、年齢が高い人はそれらをよく理解しておくことが大切です。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク