ロング法
体外受精の排卵誘発法の1つであるロング法とはどういうものなのでしょうか?

ここでは、ロング法のメリットやデメリット、どういったスケジュールで行われていくかを詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク


ロング法とは?

ロング法とは
ロング法とは、採卵周期の前周期の高温期中頃からGnRHアゴニスト製剤点鼻薬を使うことにより、卵巣を刺激していく方法です。

このGnRHアゴニスト製剤点鼻薬を使用すると、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)の分泌が一時的に高まり「フレアーアップ現象」というのが起こります。

そして、その点鼻薬を継続して使用していくことで、脳はFSHとLHが十分に分泌していると判断するため、今度はFSH、LHの分泌を抑制させるんです。

排卵を促す卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体ホルモン(LH)の分泌を抑えることにより、採卵前に排卵してしまうことを防ぐことができます。

そして、FSHとLHの分泌が抑制されたところで排卵誘発剤を使い、複数の卵胞を育てていくという方法です。

ロング法は多くの病院で行われていて、一番多く使われている排卵誘発法となっています。

ロング法のメリット

ロング法reten05-008 採卵前に排卵してしまう可能性がない
reten05-008 採卵日をコントロールすることができる
reten05-008 排卵誘発剤の力でホルモン調整をするため質の高い卵胞ができやすい
ロング法では、GnRHアゴニスト製剤点鼻薬を長期間投与することで、採卵日をある程度自由に設定できます。

そして卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体ホルモン(LH)の分泌を抑えてから排卵誘発剤を使用していくので、卵胞の発育が均一で質の高い卵胞ができやすいというメリットがあります。

ロング法のデメリット

ロング法reten05-008 注射量が多くなるため、体の負担も大きい
reten05-008 前周期は避妊する必要がある
reten05-008 卵巣予備機能が低下している人の場合、卵胞が育たない
reten05-008 注射が多いので費用が高くなる
reten05-008 hCGを使用するため、卵巣過剰刺激症候群になる可能性がある
ロング法は卵巣予備機能が低下している人(FSHが高い人、AMHが低い人)には向いていなく、このような場合はショート法が推奨されるのが一般的です。

また、ロング法は前週期から点鼻薬を使うため、もし妊娠してしまうと胎児に悪影響を与えてしまうことから前週期は避妊する必要があります。

そして、投与する薬剤が多く体への負担が大きいため、ロング法をした後は2~3周期卵巣を休ませる必要があります。

お休み期間があると焦りも出てくるとは思いますが、妊娠できる体に整えるためには、ここでしっかりと卵巣を休ませることが大切です。

ロング法に向いている人、向かない人

ロング法 向き不向き
star90ロング法に向いている人star90

reten05-008 卵巣刺激の反応が良い人
reten05-008 37歳以下の比較的年齢が若い人
reten05-008 卵巣機能が良く、前胞状卵胞(排卵数)が多い人

 

star90ロング法に向かない人star90

reten05-008 年齢が高い人
reten05-008 卵巣機能が低下している人

ロング法のスケジュール

ロング法スケジュール

不妊体外受精をする前周期の高温期中頃から、排卵をコントロールするためのGnRHアゴニスト製剤点鼻薬を使用し始め、採卵日2日前まで使用していく。(1日3回、8時間ごとに点鼻します。)

不妊たくさんの卵子をつくるために月経3日目からhMG注射を開始していく。通常は通院して上腕や臀部に注射しますが、毎日病院に通うことができない場合は、自分で腹部に注射することも可能(自己注射)

不妊GnRHアゴニスト点鼻薬、hMG注射を行っている間にも超音波検査で卵胞の大きさをチェック。何度か通って超音波で卵胞の大きさを細かく確認して採卵日を決めていく。血中ホルモンを調べることもあります。

不妊hMG注射を投与し続けて、2個以上の16mm~18mmほどの卵胞が育ったらhCG注射を投与し、排卵を促していく。(だいたい月経11日目ぐらい)

不妊hCG注射を投与した36時間後くらいに、成熟した卵胞が破裂する前に採卵する。(卵子がとれたら夫の精子も採取していく)

不妊妊娠判定までの期間、黄体ホルモンを補充して子宮内膜の状態を整え、着床しやすくする。薬や注射の種類や頻度は卵巣の状態に合わせて決まります。

不妊採卵した卵子の入っているシャーレの中に、元気のいい精子を入れて受精させる。

不妊翌日、受精が確認できたら新しい培養液に移してさらに培養させる。その翌日には受精卵は4つの細胞に、3日目には約8個の細胞に分割され、さらに5~6日目には着床直前の胚盤胞に成長する。

不妊受精卵が分割卵、または胚盤胞まで育ったら受精卵を子宮の中に戻す。(胚移植)

10胚移植から2週間後に尿または血液で妊娠判定を行う。

自分の体に合った排卵誘発方法を選ぶ

排卵誘発方法 選ぶ

体外受精のロング法について詳しくご紹介しましたが、排卵誘発方法は他にもショート法アンタゴニスト法自然周期法などいろいろあります。

体外受精をするにあたって、いかに卵子を確保するかがとても重要で、そのためには排卵誘発方法の選択が大切になります。

採卵した卵子はすべて受精するとは限りません。

また、受精できたとしても子宮に戻せる状態まで受精卵が分割できるかどうかもわかりませんよね。

そのため、よりたくさんの卵子を採取するために排卵誘発を行っていきます。

卵子がなければ受精⇒胚⇒胚移植へと繋がりませんし、妊娠するためには質の良い卵子が必要なんです。

排卵誘発方法はいくつかあり、自分に合った方法であることが大切ですので医師の診断を聞き、自分の意見も反映させながら治療に臨みましょう。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク