排卵後の黄体ホルモン補充について

黄体機能の低下は妊娠率を下げる原因となります。
黄体機能不全の人や検査によって黄体が不足しているとわかった人は
黄体ホルモン補充をしていかなくてはいけません。
ここでは、黄体ホルモン補充療法について詳しくご紹介していきます。

 

黄体とは?

黄体とは卵巣で卵胞が排卵したあとに変化して作られる器官のことで
主にプロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌します。

この黄体ホルモンが排卵後に分泌されることによって女性の体の体温は
0.3℃以上上がります。これが排卵すると基礎体温が高温期に移行する理由です。

黄体ホルモンの分泌は通常2週間前後続きますので、高温期が短い人や
低温期と高温期の温度差が少ない人は黄体が十分に機能していない
可能性があります。

このような人は「黄体機能不全」の場合が多く、ホルモン補充を
行うように医師から指示されることが多いです。

 

 

黄体ホルモンは妊娠するためには欠かせない大切なホルモン

黄体ホルモンとは排卵された後に卵胞に形成された黄体から分泌する
ホルモンのことです。黄体ホルモンの分泌は妊娠するためには
欠かせないものとなります。

なぜなら、この黄体ホルモンの分泌によって子宮内膜を厚くて
フカフカの状態に
してくれるからなんです。

卵は排卵、受精して分割を繰り返しながら形を変えていきますが
最後に辿り着くのが子宮の中にある子宮内膜です。

卵はいろいろな過程を経て排卵から5日~7日後に子宮内膜に
絨毛の根を張り着床(妊娠)します。

しかし子宮内膜が厚くフカフカの状態に準備されていないと、
卵は着床できなくなってしまうんです。

もし着床できたとしても黄体ホルモンの分泌が上手く行われないと
子宮内膜がはがれ落ちてしまい、せっかく着床してもその環境を
維持することができなくなってしまいます。

卵が無事に着床し、妊娠を継続させるためには黄体ホルモンによって
フカフカに用意された子宮内膜が不可欠なんですね。

そのために黄体ホルモンの分泌が十分でない場合は補充をして
子宮内膜を着床しやすい状態に整えておく必要があるわけです。

 

 

排卵後の黄体補充を行うときの流れ

黄体ホルモン補充は排卵後3日目位から行っていきます。
補充方法としては飲み薬を飲む、または注射をするというものがあります。

黄体ホルモン補充の飲み薬で使われるのが黄体ホルモン製剤と言って
「ルトラール」や「ドュファストン」で排卵後10日~12日間服用していきます。

このような飲み薬を飲むことによって、黄体を補充し子宮内膜を
着床しやすい状態に整えます。

注射で使われるのが「hCG製剤」で、これも黄体化ホルモン剤です。
hCG製剤は排卵期に注射すると36時間~48時間以内に排卵するという効果も
あるため、成熟した卵胞を確実に排卵させるための目的で使用したりもします。

hCGはそのような効果以外でも黄体ホルモンの分泌不足を補い、
妊娠に適した子宮内膜の状態を長く維持させることもできるため、
排卵後数回にわたり注射していきます。

黄体ホルモン補充ではだいたい飲み薬、注射の2種類を使って治療を
行っていくことになりますが、2つを併用していくことが多いようです。

また、黄体機能検査をする場合は高温期になって5日目~7日目くらいに
血液検査で行なわれ、プロゲステロンの値が正常かどうかを確認していきます。

それと同時に超音波検査で子宮内膜の厚さとその性状を観察していき
場合によっては子宮内膜の一部を採取する子宮内膜日付診を
実施することもあります。

黄体機能不全を改善させる方法は黄体ホルモン製剤やhCG以外にも
クロミフェンなどの排卵誘発剤を使い、卵子の質を高める治療法もあります。

クロミフェンなどを使用する場合は排卵後ではなく、排卵前の
月経開始5日目から5日間服用していきます。

妊娠、そして妊娠を維持させるために黄体ホルモンの存在は欠かせません。
黄体ホルモン補充は妊娠する準備を整えてくれる治療法となります。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ