SEET法(シート法)とは?流れ・向いている人・メリットは?

SEET(シート)法とは?

子宮に着床させるには初期胚(4~8細胞期胚)が母体に信号を送り、
これにより子宮内膜を着床ししやすい状態に準備をせることが
必要であることが最近の研究により明らかになってきました。

しかし胚盤胞移植をした場合、胚盤胞は母体に信号を送ることが
できないため、着床しやすい子宮内膜をつくる準備が遅れてしまいます。

胚盤胞移植は5~6日も母体から離れて体外で培養を行っているため
子宮は受精卵を受け入れる準備ができないわけです。

それなのにいきなり受精卵がやってくると、子宮は慌てて着床の準備を始めます。

急に着床準備を始めても間に合うこともあるため、胚盤胞移植は着床率が
高いのですが、間に合わずに着床できない人も中にはいるんです。

そして考えられたのが二段階移植です。
二段階移植は、採卵後2~3日後に初期胚(4~8細胞期胚)を移植し、
さらに5日~6日後に培養した胚盤胞を移植する方法ですが、一度の周期に
2つの受精卵を移植するため、多胎妊娠が多いというリスクがあり、
医療機関によっても評価が分かれていました。

そして最近では一回で移植できる胚の数を1個に制限している病院も
多くなっています。

その代わりに二段階移植と同じような効果が得られる方法として
開発されたのがSEET法です。

SEET法は受精卵の培養液を移植数日前に注入することにより
子宮内膜に刺激を与えて、着床しやすい準備をさせる方法です。

子宮に信号を送るだけならわざわざ受精卵を戻さなくても、受精卵を培養した
培養液に信号が含まれているので、その培養液を入れるだけでもいいのではないか、
ということで発見されたんです。

 

 

SEET法の流れ

不妊まず、受精卵を体外で5日間培養し、胚盤胞まで育てます。

不妊育ったら一度凍結保存する。

不妊胚盤胞の凍結保存と同時に、受精卵を培養する時に用いた受精卵から出された
物質を含んだ培養液も別に凍結しておきます。

不妊移植する2日~3日前になったら、凍結しておいた胚培養液を融解し
子宮内に注入します。

不妊この胚培養液を注入することにより子宮が刺激され、子宮内膜を着床しやすい
状態になるよう準備を開始します。

不妊胚培養液を注入した2~3日後に凍結していた胚盤胞を融解し、子宮の中へ
戻します。

 

 

SEET法はどんな人に向いている?

reten05-008 初期胚移植で妊娠しなかった人
reten05-008 二段階移植のリスク(多胎妊娠)が心配な人
reten05-008 凍結胚移植を行おうと思っている人

SEET法は二段階移植とは違い、1つの胚盤胞を移植していくので
多胎妊娠のリスクが低くなります。

 

 

SEET法のメリット

二段階移植とは違い、1個の受精卵を移植するので多胎妊娠する
確率もグンと低くなりました。リスクがなくなったことで母子ともに安全な
治療法となったわけです。

しかも着床率の高さは二段階移植と変わらないので、初期胚移植をした時よりも
妊娠する可能性が高まります。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ